見出し画像

和菓子対決

いくつかのお店で上生菓子を買っていると、「あ、この上生菓子、前に別のお店で買ったのと同じモチーフだ」と思うことがある。結構ちょくちょくある。考えてみれば当たり前で、上生菓子は季節感を大事にするため、「この時期に作りたがる和菓子」というのは、結構みんな被るのだ。

というわけで、さっそく、同じモチーフ対決。

【テーマ:朝顔(あさがお)】

夏といえば朝顔。「お菓子で朝顔を作ってみましょう」と言われたら、どんなお菓子を作るだろうか。

今回ご紹介するのは、こちらの4点。

まずは、鶴屋吉信の〈朝薫る〉。夏の朝、朝露にきらめく朝顔を表現している。
鶴屋吉信は、こういう『緑の野に花が咲いている』という造形が好きなのだろうか。前にご紹介した〈露草〉も〈紅花〉もそうだった。

次は、福茂の〈朝顔〉。和菓子全体で一輪の朝顔を表現している。

同じ表現の仕方をしたのが、笹屋伊織の〈朝露(あさつゆ)〉。

ここまで、朝顔と朝露はセットだった。暑い夏の盛りでもまだ幾分か涼しい早朝に咲く朝顔と、涼しげに輝く朝露は、セットで清涼感を醸し出すアイテムらしい。

そして最後は、とらやの〈涼風(すずかぜ)〉。
朝顔の薄紅色を和菓子全体で表現し、朝顔の焼き印を押すことで、朝顔が風を受けて咲くさまを表現したそうだ。

「暑い夏、早朝に吹く涼やかな風は、心を落ち着かせてくれます」とのこと。

「暑い夏でも、朝は涼しくて気持ちが良い」という意味では、老松の〈朝涼(ちょうりょう)〉も捨てがたい。

たぶん朝顔じゃないけど。いや、朝顔……なのかな?

別に甲乙つけなきゃいけないわけじゃないけど、私はとらやの〈涼風〉推しかも。朝顔の色を表現するという手法が面白い。

【テーマ:向日葵(ひまわり)】

朝顔と同じくらい夏を代表する花、向日葵。

まずは、前回もご紹介した、とらやの〈向日葵〉。
いかにも太陽を思わせる大輪の花だ。

そしてこちらが、鶴屋吉信の〈向日葵〉。
向日葵を焼皮でかたどったものだ。

『……えっ、ひまわ……り?』という造形で、最初は驚いた。めちゃくちゃ斬新。「お菓子で向日葵を作ってみましょう」と言われて、この形のお菓子を作る発想はない。とらやの向日葵も可愛いけど、【向日葵】はこちらに軍配か。

【テーマ:金魚(きんぎょ)】

こちらも夏の風物詩、金魚。夏祭り、特に夜市を連想させる。

こちらは、以前もご紹介した、とらやの〈若葉陰(わかばかげ)〉。
水面に浮かぶ青草の陰を金魚が泳いでいるさまを表現している。

そしてこちらが、梅花亭の〈金魚鉢(きんぎょばち)〉。
実は、「グレーテルのかまど」というテレビ番組で紹介していて、翌日に買いに行った。こういうときだけ行動力あるな、私。

どちらも甲乙つけがたい、福々した金魚。金魚を和菓子で表現すると、丸々とした福々しい金魚になるんだな、ということが分かった。

これらの金魚は一つ一つ手作りなので、体の柄や目の位置が一匹一匹違う。それ自体は、花でも同じだ。それでも、花のときは一つ一つの違いにそこまで敏感じゃないのに、それが金魚になった途端、一つ一つの違いに目が行くようになる。「どれが一番可愛いかなぁ」と探すようになる。

人間って、自分たちと同じ動物の違いには敏感になるんだな、と改めて思った。でも、きっと、植物が好きな人は、一輪一輪の花の違いに敏感なんだろう。

【テーマ:西瓜(すいか)】

スイカ割りは久しくやっていないけれど、夏といえばスイカ。

そういえば、妊娠中にスイカしか食べられなくなる女性がちらほらいるらしく、Twitterで、「私を妊娠している間、母はスイカしか食べられなかったそうで、夏になると、『スイカがあったら貴方は産まれることができた。スイカに感謝しなさい』と、スイカ教の信者みたいなことを言ってくる」というツイートがあった。悪阻が酷くても、ほぼ水分のみのスイカなら食べられたのだろう。スイカ万歳。

……さて、和菓子の話に戻る。

こちらは、とらやの〈西瓜(すいか)〉。
種に見立てた小豆入りの紅羊羹を、緑の琥珀羹でふちどり、西瓜を表現している。スイカのみずみずしさや冷たさが伝わってくるよう。

対するこちらは、梅花亭の〈西瓜割り(すいかわり)〉。
とっても綺麗に四等分に割れている。ぱっかん。

いやー、甲乙つけだかい。たぶん上生菓子っぽいのはとらやの〈西瓜〉なんだけど、梅花亭の〈西瓜割り〉の面白さも捨てがたい。

こうして見ると、同じものを表現するにもいろんなやり方があるし、そのものの何を表現したいかによって、たち現れてくるものは全然違うんだな、ということがよく分かる。

こんなにたくさんの人が日々表現をしていても、きっとまだ、新しいものは産み出せる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます! 気に入ってもらえて嬉しいです😆
21

新月

名前が「新月」なのは、新月の夜に生まれたから。 弁護士、ときどき写真を使った文筆家。その実体は、ただのオタク。いろんな職場を放浪しています。

琴線に触れたnote集

何度でも読みたくなる。 出会えたことに心から感謝したい、素敵なnote集。

コメント2件

福茂朝顔•鶴屋吉信ひまわり•とらや若葉陰•とらや西瓜が好みの方です。
福茂の朝顔を選んでいただけましたか! 他の写真に比べて少し暗めになってしまって、「可愛いのにもったいないことをしてしまった……」と思っていたので、良さが伝わって良かったです😄
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。