Jリーグ2017年度クラブ経営情報が公開。浦和レッズは過去最高の79億円で、ヴィッセル神戸が2位に躍進!

UEFAが発表するFinancial Reportを見ていて、欧州リーグの収益構造を分析していましたが、Jリーグから興味深いニュースが入ってきました。

Jリーグの発表では、昨年度のJ1-J3の全クラブの経営成績が発表され、その総額の事業規模が総額で初めて1000億円を超えるとの朗報が舞い込んできました。

前年度との比較では、110億円以上の営業収益が増加していますが、DAZNによる放映権料増加分が60億円程度ですので、残りの50億円に関しては各クラブの営業努力によるもので、非常に良い発表と評価して良いです。

ちなみに、営業収益ランキングTOP10では以下となっています。

■営業収益ランキングTOP10
 浦和  79億7100万円
 神戸  52億3700万円
 鹿島  52億2800万円
 川崎  51億2300万円
 G大阪  49億6600万円
 横浜  47億6500万円
 FC東京 45億8800万円
 清水  40億1000万円
 C大阪  39億7600万円
 磐田     38億2800万円

中でも圧巻なのはヴィッセル神戸の成長

中でも圧巻なのはヴィッセル神戸の営業収益の増加幅です。2016年シーズンまでのPLは以下の通りです。

営業収益38億円から、52億円にまで増加し、実に136%成長を遂げています。この点については以下の記事にて分析記事の速報を書いていましたが、改めてヴィッセル神戸のPLが開示され、(分析どおり!!)広告料収益は浦和レッズを抜いていることが判明いたしました。分析理由は以下の記事を参照。

そしてチーム人件費については大型選手の獲得は予想していたものの、それを上回る人件費となっており、チームの増強が今期の更なる営業収益に結びつくと予想しています。ここらの分析記事は追って記事化していきたいと思います。

赤字のクラブは

今回赤字のクラブとして発表されたのは、鹿島アントラーズ、アルビレックス新潟、ガンバ大阪、ヴィッセル神戸、水戸ホーリーホック、ジェフユナイテッド千葉、横浜FC、湘南ベルマーレ、ツエーゲン金沢、京都サンガF.C.、レノファ山口FC、ガイナーレ鳥取、FC琉球のクラブです。

鹿島アントラーズやガンバ大阪といったクラブも単年赤字となっていますが、DAZNによる営業収益増加が見込まれる段階で投資を行なった結果ですので、クラブライセンスの継続に関わる3期連続の赤字にならなければ継続的な投資を行うのは適切な時期と言えるでしょう。

営業収益1位の浦和レッズのPL解説

浦和レッズの3年の営業収益は以下のとおりです。

営業収益が増加した理由と、営業費用を分析することで浦和レッズがどこに投資しているかを見てみましょう。

------------------------------------------------------
ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を480円、あるいは、月額980円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4本程度の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・浦和レッズの営業収益増加の要因を分析
  入場者数の推移とその理由
  ACL優勝の余波と優勝争いの推移が、収益に与えた影響
  浦和レッズの筆頭株主の変更とJリーグ規約の存在
・営業費用から見る浦和レッズの投資状況
  投資して増加した費用は、●●費用と●●費用
  浦和レッズがロゴ変更に込められた思い

この続きをみるには

この続き:2,541文字/画像2枚
記事を購入する

Jリーグ2017年度クラブ経営情報が公開。浦和レッズは過去最高の79億円で、ヴィッセル神戸が2位に躍進!

橘大地

480円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただきありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

(´ー`)ノ⌒θ
6

橘大地

スポーツビジネスのビジネスモデル/KPIを理解するマガジン

スポーツを事業化/ビジネス化する上で必要となるフレームワーク/KPIを解説していきます。野球、サッカー、バスケットボール、アメリカンフットボール、アイスホッケー、E-Sportsなどのプロスポーツを中心に題材にしていきます。また、マラソン、フットサルなどのアマチュアスポーツ...
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。