楽天イーグルス、ヴィッセル神戸ホームスタジアムでの支払いが完全キャッシュレス化。スポーツ観戦時におけるキャッシュレス化の利点

2019年1月10日に、楽天グループが発表した内容では、プロ野球クラブの「東北楽天ゴールデンイーグルス」ホームスタジアム「楽天生命パーク宮城」と、サッカークラブの「ヴィッセル神戸」ホームスタジアム「ノエビアスタジアム神戸」にて、完全キャッシュレス化を行なっていくこととのことです。

今回のキャッシュレス化(=現金を用いない支払い手段)を行うにあたり、観戦者は主に以下の4つの支払い手段を選択することになります。

■キャッシュレス支払手段
・楽天ペイ(アプリ決済)
・楽天Edy
・クレジットカード
・楽天スーパーポイント

中でも力を入れているのは、楽天ペイです。最近ではアプリ決済として「PayPay」や「LINE Pay」などが話題になっていますが、現在の利用者トップは楽天ペイとのアンケート結果も出ています。

そもそも最近一気に進むキャッシュレス化の流れを汲む必要性があります。日本では従来までクレジットカード支払いの浸透率が悪く、現金支払いがまだまだ普及している国です。その理由は、クレジットカード手数料率をクレジットカード会社に支払う必要性があることと、クレジットカード支払いを受け付ける端末費用から、飲食業界やレジャー業界では現金での受付が根強く残っていると言われています。

しかしながら、外国人旅行者の増加、支払いデータの情報管理の重要性が増し、支払者ユーザーの利便性と、店舗側のデータ分析技術の向上から、キャッシュレス化の方が遥かにメリットが高いとも言われ、日本においても浸透してくる機運が高まっています。

これを今回完全キャッシュレス化を進めたのが、楽天グループの楽天イーグルスとヴィッセル神戸です。スポーツ観戦者としてどのようなスタジアム体験になるかと、クラブサイドとして経営がどのように変わっていくのかを解説していきたいと思います(特に楽天の場合、エコシステム形成の意味で他クラブとは異なったメリットがあるのです)。

この続きをみるには

この続き:3,711文字/画像1枚
記事を購入する

楽天イーグルス、ヴィッセル神戸ホームスタジアムでの支払いが完全キャッシュレス化。スポーツ観戦時におけるキャッシュレス化の利点

橘大地

480円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただきありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

(´ー`)ノ⌒θ
5

橘大地

スポーツビジネスのビジネスモデル/KPIを理解するマガジン

スポーツを事業化/ビジネス化する上で必要となるフレームワーク/KPIを解説していきます。野球、サッカー、バスケットボール、アメリカンフットボール、アイスホッケー、E-Sportsなどのプロスポーツを中心に題材にしていきます。また、マラソン、フットサルなどのアマチュアスポーツ...
1つのマガジンに含まれています