見出し画像

就活と恋愛

就活と恋愛はよく似ている、という話ではない。わたしの就活と恋愛の話をする。

わたしは語れるほど、沢山の恋愛をしていない。大学1年の春に付き合った彼女が、そのまま今の妻だ。

就活がきっかけで別れるカップルは約3割いる、という。反対に就活がきっかけで付き合うカップルもまた、約3割いるという。
どちらもまぁ、なんとなくわかる。

多くの大企業では、入社するまで配属先もわからない、その後も転々と配置換えがあるかもしれない。
いまはとても近い距離で過ごしている2人も、それぞれの選んだ道、選びたい未来の仕事をするのに、ずっとその距離を維持することはできないかもしれない。

一方で、同じ道を志す仲間に出会う。同じ未来に向かって進むもの同士で、分かり合える喜びがある。自然と近しい間柄になっても、おかしくはない。

欲張りな私たちは2人のやりたいことも、一緒にいられることも、諦めたくなくて、必死で話し合って、考えて、それぞれの就職先を選んだ。
企業からしてみれば、ものすごく不純な動機かもしれないけれど、私たちにとってはとても純粋な気持ちに従った選択だった。

2人で東京に行き、それぞれが会社の寮に住まい、お金を貯めて、いろんな町を歩いて、2人で住める場所を探した。

そうやって、結婚して、いまはわたしが何故か主夫してる。

大学の名前のおかげで、就活自体はさほど苦労しなかったけど、2人の進む道を揃えて歩くための話し合いが、最も苦労したことだった。
というようなことを、就活の苦労話として話すと、みんな呆れたような感心したような反応を返してくれる。
たいていの男性は、そんなこと考えもしなかった、と話す。あるいは、私もそんな風に考えてほしかった、と泣く女性もいた。

本当は、すべての大学生のカップルに、特に男性に考えてほしい。
あなたのキャリアは、あなただけで築いていくものなのか、それともパートナーと一緒に歩んでいくものなのか。
頻繁に転勤させられるシステムに、私たちの人生が振り回されていていいのだろうか。
私たちはいまの恋愛を放り投げてまで、就活をしなければならないのか。
そして女性の側にだけ、キャリアを諦めることを押しつけてはいないだろうか。

いま私は主夫をしているから、家事も育児もまぁやるのだけれど、たまに「パパのスイッチが入ったのはいつ?」と訊かれることがある。

スイッチが入ったのは、就活をしていた大学3年生のときだった。あの頃1番ケンカして、ぶつかって、同じ方向を向く覚悟ができたから、今がある。

なかなか、ここまで話すのも恥ずかしいので、笑ってごまかすことも多いのだけれど。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただいて、ありがとうございます。お互いに気軽に「いいね」するように、サポートするのもいいなぁ、と思っています。

そのひとことに、わたしはいつも救われてます
24

オオタユウキ|時短勤務の兼業主夫

日々の徒然なるものを書きます。京大卒→人材ベンチャーの経営企画→SaaS・BtoBの人事→主夫→SaaS・BtoBのマーケ・HR時短勤務。主夫ブログはこちら→https://lazyplanet.hateblo.jp

好きなnote

好きなnoteを集めています。

コメント4件

こんにちは。最近ずっと考えているテーマだったので、グッときました。無意識に私も今後自分のキャリアを諦めることになるんだろうと思っていて、でもそれも腑に落ちていなくて、ちょっとパートナーと話してみようと思いました。
せらせらさん、コメントありがとうございます。パートナーとの話、大事ですよね。いまも、私もこれからのキャリア模索しているので、生活のこと、仕事のこと、いろいろと話すことがいっぱいで、でも話すのも結構エネルギーがいるので、ちょっとずつ話すようにしてます。
うわあ…すごい、すごいですね。「こんな風に考えてくれる男性すてき!」なんて言うと「女性には当たり前なのに…」とかいう声も聞こえてきそうだけど、大学生の頃からお互い向き合って話し合って、話し合おうという態度を持ち合って、現実にも向き合って、行動してこられたのは本当に尊敬します…。
下北沢エンデさん コメントありがとうございます。そしてたくさんの「スキ」も嬉しいです・・!本当に、、女性が就活をするときは、仮に夫も子どもも恋人もいなくても”幻の赤ちゃんを抱いて就活する”という言葉を聞いたことがあります。
向き合わせてくれたのは、妻の辛抱強さのおかげだと思いますし、私自身がすごいわけでもないのですが、それ以上に働くことよりも妻と一緒にいることを優先したかった、という思いが強かったのもあります。(とか言うのもなかなか恥ずかしいんですが・・)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。