noteは言葉のInstagram『共感』に疲れていませんか?

noteを毎日更新することを試みている。なんとなく、思いついたこと。

Instagramでもハッシュタグをつけて、自分の「好き」な写真や絵、風景、モノコトを発信している。ベースは視覚的な情報である「画」であるけれど、多くの人の共感を呼ぶ投稿にたくさんの「いいね」がつけられていく。

noteも、SNSの一つなので、基本的な特性が似ているのは当たり前なのだけれど、みんなが自分の好きな言葉を好きなようにつないでいって、多くの人の共感を集めている様子を見たり、流れるタイムラインを追って「スキ」を押していく感覚が、Instagramにとても良く似ている、と思った。

どちらも大切にしているのは、「共感」だ。

その人の好きなもの、好きなこと、それに対する思いや考えが語られていて、それに共感できるかどうか。誰かに共感してもらえる、という経験はとても嬉しいものだ。同じ考えの人がいる、自分の思いが分かってもらえる、そういうことを求めているからみんな「書く」んじゃないだろうか。そうして、まただれかの投稿にも共感する。そんなゆるやかなコミュニケーションがベースになっている。

読みやすい文章は共感が得られやすい。読んで分かることが、共感に先立って必要なことだから。何を言っているか分からないけど共感する、ということはあまりない。

かといって、分かりやすい絵ばかりのInstagramはつまらないだろう。どこのだれか分からない女の子が花束を手前に掲げているような、分かりやすい絵だけが量産されてしまうのは、豊かな表現ではないし、寂しい気持ちになる。

「共感」のために分かりやすい絵を分かりやすいテーマで書くよりも、自分の好きなもの、好きなことを書いているうちに、いつのまにか「共感」が結果としてたくさんあった、となるほうがいい。共感はあくまで帰結であって、それをスタートにしてしまうと「あざとい」だけになってしまう。

たくさんの人の共感が得られるからといって、それがいいものだとは限らない。共感はできないけれど、いい文章だ、と思うものもある。

共感を呼ばないもの、誰からも共感が得られないもの、についても思いを馳せたい。なぜ、こんなにも尖っているんだろう。それでも寄り添える部分はあるだろうか。自分との「ちがい」はどこにあるのだろう、と。

自分の考えや思いとの「ちがい」に戸惑う経験を大事にしたい。「共感」の先にあるものは「ちがい」を楽しむことじゃないかと思う。

「共感」に最近、疲れていませんか?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただいて、ありがとうございます。お互いに気軽に「いいね」するように、サポートするのもいいなぁ、と思っています。

わたしも受け取った気持ちをだれかにつなげたいです
141

オオタユウキ|時短勤務の兼業主夫

日々の徒然なるものを書きます。京大卒→人材ベンチャーの経営企画→SaaS・BtoBの人事→主夫→SaaS・BtoBのマーケ・HR時短勤務。主夫ブログはこちら→https://lazyplanet.hateblo.jp

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
3つ のマガジンに含まれています

コメント6件

>小川 大介 / ほぼ “ほぼ日”さん
コメントありがとうございます。価値観の点と点、多くの人の価値観はきっとばらばらで同じことは無いので、それに近いのだと思います。SNSでの共感を求めたくなるのは、価値観の交わる点が生まれる、そういった瞬間を探しているのかもしれません。
>変人ママさん
コメントありがとうございます。私も主夫という立場の人があんまりいないので、共感されることもなく、だからSNSをさまよったりしています。でもイヤイヤ共感するひと、多いし、分かっちゃいますよね。ママ友の場合は、とりあえず共感しといたほうがラク、というか。それはそれで、みんなやり過ごしているのだと思います。
小川さんめっちゃわかる!その言いかた言い得て妙です… 私は自分のもやもやがちゃんと言葉になってる記事、同じ結論なんだけど経路が全く違う記事、あと自分の世界が明るくなる記事。に、共感、というか、理解しようとする自分との出会いの喜び。
あんまり複雑だと共感が暴力なときありますよね、
理解があるのか、どういうことか理解できていないだけか、いつも悩みます。そんな風に悩んであげてるのは私だけだからこの人はこんな風なのだろうかと思ったりもします悩 もちろん私も。「いいね」って判断であって共感ではない…とか…共感しない・されない自分に、悩んでばっかだなぁ。
共感自体に疲れる、これがまた良く分かる気がします。
「共感」と言う鎧(または兜)を時には脱がないと暑苦しくなるかのようです。💦👨😊
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。