誰も思いつかないアイデアを公式的に導く方法

大量生産大量消費の社会の中、さまざまな商品、サービスが日々考えられている。数々のアイデアから勝ち残るためには、他と差別化を図る必要がある。感性や才能だけで天才的な発案をする人がいるが、天才的な発案は実は誰にだってできる。このnoteはそんな公式を知ってもらいたく書いている。この公式を用いて日常を豊かに過ごしてもらえれば本望である。

1.制限発案法

制限発案法とは、複数の物を掛け合わせて共通する部分を掛け合わせ、それぞれの長所を活かす発案法である。
例えば、

この続きをみるには

この続き:2,535文字

誰も思いつかないアイデアを公式的に導く方法

Leader Study

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

Leader Study

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。