1台のカメラで擬似3カメ編集 対談動画のポイント

こんにちは。
Lead Promotion代表の奥原尚途です。

今回のテーマは「1台のカメラで擬似3カメ編集 対談動画のポイント」です。

特に対談動画では複数台での撮影を行ったり、クライアントから2カメ3カメ撮影を求められることがあります。
映像制作を始めて間もない時は、そもそも機材がありませんし、編集作業やデータバックアップなど負担が大きいですよね。

そこで今回は、1台のカメラで擬似的に3カメ編集可能な撮影・編集方法、そして対談動画を撮影する際のポイントを解説していきたいと思います。

実際、個人・法人問わずこの方法でデータを編集いたしますが、皆さん驚かれます。
同業者にはわかりますが、素人目には違いはわかりにくいでしょう。

この方法は対談動画だけでなく、インタビュー動画や教材動画など、あらゆる場面で応用がききますので対談動画を制作しない方にもおすすめです。

今回は、私が実際に制作した動画をもとに解説いたします。
あわせてご覧下さい。

続きの有料コンテンツはメールマガジンでも配信しています。
メールマガジンでは有料のオンラインスクールのお知らせを配信していますので、情報を受け取りたい方はメールマガジン登録をオススメいたします。

この続きをみるには

この続き:3,595文字/画像8枚

1台のカメラで擬似3カメ編集 対談動画のポイント

MOVIE ACADEMY

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

あわせてメールセミナーの登録もお待ちしています。
2

MOVIE ACADEMY

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。