ハッタツソン2019を開催します!

ハッタツソンとは発達障害には様々な種類がありその種類の特性によって様々な課題があります。本イベントではそんな発達障害の特性が持つ課題をテクノロジーでどう解決できるか?を発達障害当事者・エンジニア・デザイナー・プランナーでチームを組み実際にwebサービスやアプリケーションなどといったプロダクトを開発していくハッカソン形式で行うイベントです。
※ハッカソンとはテーマにそって短期間でプログラムの開発やサービスの考案などをする催しのことです。

【開催概要】
日程:2019年4月6日・7日・8日
4月6日:セッション・アイディアソン・開発
4月7日:開発
4月8日19時〜:デモプレゼン・審査発表・交流会
会場:billage OSAKA
参加費:無料
参加申込:4月6、7の参加申込は締切ました。
定員:30名
Facebookイベントページ

公式サイト👇

最終日のデモプレゼン&審査発表交流会の一般申込を受付中です。

【ゲスト審査員】
サンフェイスグループ 代表
久田亮平 氏

株式会社COLEYO 代表取締役社長
川村 哲也 氏

【プレイベント】
ハッタツソン2019のプレイベントとして『ハッタツソン当事者talk』を開催します!8人の発達障害の当事者が自身の経験や課題などを話していただき、そのあとにプロダクトを考えるワークショップ全5回を開催します!ハッカソンで作るプロダクトのヒントになるかも⁈
詳しくはこちら▽

【お問い合わせ】
ハッタツソン2019では様々な形で協賛・協力していただける法人・団体さまを募集中です。
info@ledesone.com(ハッタツソン運営事務局)

個人の方の協賛も受付中です!

【主催・企画】
Ledesone(レデソン)
2018年3月末に創業し障害福祉を軸に様々なプロジェクトを企画・展開中。その他障害児(者)向けICT活用支援サービスギフテックや自費外出・訪問支援サービスワッフル、ものつくり系ワークショップの企画・運営ideeLaboなど様々な事業を展開している。



このノートが参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂いたお金は「障害や社会的マイノリティを持つ人が自分の可能性を信じ広げていける社会をつくる」活動にしようします。

よかったらシェアもよろしゅうね
8

イベント

Ledesoneが開催するイベントについておしらせします
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。