夫婦円満に必要なのは◯◯◯。


夫婦生活を続けていく上で、心がけていることがある。
それは、「妻は他人である」という事実を忘れないことだ。

全く違う生き物である以上、100%理解し合えるなんてあり得ない。
どこかで必ずズレは生じる。当たり前のことだ。
そのときに、他人であることを忘れずにいれば、
ある程度のズレは受け入れられる。
何より他人のために料理を作り、
下着を洗い、掃除をしてくれたりすることが、
どれほど偉大なことか分かるだろう。
本来彼女は、そんなことをする必要なんてないのである。
それでも貴重な人生の時間を費やし、僕の面倒を見てくれているのだ。

この「やってもらっている」という意識はとても大切だ。
そう思うからからこそ、お礼も言えるし、こっちも自分にできる役割を
きちんと全うしようと思える。
お互いに対して愚痴を言い合う夫婦は、
この部分が欠けてしまっているように見える。

「一番近くにいる人は、なんでも言っていい人じゃない。
一番気を遣わなきゃいけない人なのだ。」
いつぞやtwitterで見た言葉だが、本当にそうだと思う。
絶対的な絆なんてない。親子でさえ、礼を欠けば殺し合う。

そのために大切なのは想像力だ。
料理ひとつにしても、どんな想いでその料理を作ってくれたのかを想像する。
そうすることで、添えられたミニトマトひとつにも彼女の想いが見えてくる。

あと自分が相手のために何かをするときは、
「自分がしたくてやっている」と思うように心がけている。
そうすることで、「自分ばっかり」という自己中心的な考えを
回避することができる。
不満は、「やってあげてる」と考えたときに生まれるものだ。
やるなら、見返りを求めない覚悟をもってするべきなのだ。

相手は「やってくれている」。
自分は「やりたくてやっている」。
こう考えるだけで、夫婦の関係はきっと違ってくると思う。

ぜひお試しあれ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

lediostereo

#エッセイ 記事まとめ

noteに投稿されたエッセイをまとめていきます。 photo by 横田裕市( https://note.mu/yokoichi )
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。