73785451_p0_master1200_この声が聞こえてるかな

初音ミク・イメージソングを振り返る


※トップ画像は、Bernisさん「プラネット・シェイカー」に用いられた、はなこさんのイラストをお借りしました。問題があればご指摘ください。


2019年8月31日。ミクさん、12周年の誕生日、おめでとう。

本当は小説を投稿したかったのですが、残念ながら力不足で、プロットを完成させるだけで精一杯でした。お祝い記事としては、今回「VOCALOIDイメージソング」について少しだけ触れてみます。


VOCALOIDイメージソングの数

2019年8月31日17時現在、キーワード検索すると、約90600件の「ミクオリジナル曲」があることが分かります。膨大な数ですね。さらに「ミクオリジナル曲+VOCALOIDイメージソング」でキーワード検索すると、約860作品程度が引っ掛かってきます。平均して約0.95%(小数点以下3桁目で四捨五入)の割合で、初音ミクのイメージソングが見つかってくるわけです。

年度別ではどうでしょうか。ミクオリジナル曲とその中に含まれるVOCALOIDイメージソングについて、キーワード検索でヒットした数を挙げて、割合を算出してみました(ニコニコ超検索を使用、割合は小数点以下2桁目で四捨五入)。

2007年: 38 / 1344件 2.8%

2008年: 36 / 6688件 0.5%

2009年: 15 / 6868件 0.2%

2010年: 26 / 8847件 0.3%

2011年: 45 / 9314件 0.5%

2012年: 91 / 8843件 1.0%

2013年: 69 / 8188件 0.8%

2014年: 47 / 7731件 0.6%

2015年: 75 / 6798件 1.1%

2016年:140 / 6003件 2.3%

2017年:141 / 6191件 2.3%

2018年: 90 / 8041件 1.1%

2019年: 55 / 5764件 1.0%

(ただし2019年は、8月31日17:30頃でのチェックになります。)

実際には、VOCALOIDイメージソングと言いながらも、他のキャラクター(アイマスやVTuber等)のイメージソングや、何か企画への応募作品も含まれてきます。それは頭の隅っこに置いておくとして……

2007年度と、2016年・2017年が2%以上の高率になっているのが見て取れます。他の年度で低下している理由は様々でしょうし、VOCALOIDイメージソングタグが付いてないイメージソング作品もありますし、たったこれだけのデータから確実なことなど言えませんが……初音ミク登場当時はもちろん、10周年にあたる2017年に向け、ミクさんのVOCALOIDイメージソングがより多くなったという印象はさほど間違ってはいないはず。

ryoさんの「メルト」(2007/12/7)に代表されるカバー・キャラソンからオリジナル曲への流れからなのか、VOCALOIDイメージソングの割合は2009~2010年には0.2~0.3%に低下しています。対して、5周年である2012年には1.0%程度と増えており、節目において、キャラクターとしての初音ミクの境遇に思いを寄せる創作が増えたということなのでしょう。

この印象が正しいなら、2018年・2019年でVOCALOIDイメージソングの割合が1.0%程度に増えているという事には、意味があるのかもしれません。

大多数のユーザーは、合成音声ソフトとしてメジャーな「初音ミク」を使っていますし、それ以上の意味がなくても不思議ではないでしょう。

一方、初音ミクのイメージソングを創作するということは、キャラクターとしてのミクに対する思い入れ、マスターとの関係性、(人ではなく)ソフト/機械が歌うことの意味、ボカロが歩んできた歴史などに目を向けることでもあります。v_flowerや音街ウナなど、伸びるボカロとして他に有力な選択肢がある中、10周年を超えている初音ミクをあえて起用する。その意味を自らに問うユーザーが今増えている、ということかもしれません。

※これからの10年(Decade)を見据えるテーマの作品


印象に残る、初音ミク・イメージソング

まあ、なんとなくな話は脇に置いといて……ここからは個人的に印象深い初音ミクのVOCALOIDイメージソングを振り返っていきます。

(しかし「恋スルVOC@LOID」などミリオン越えの大物だと、タグ数制限の関係でVOCALOIDイメージソングタグが付いてないこともあるんですよね……他の作品にもフォーカスするってことで、そこは割愛します)


2007年

「Packaged」「あなたの歌姫」等はよく知られているので、知名度低めと思われる「タイムリミット」を紹介しておきましょう。

【初音ミク】 オリジナル曲 「タイムリミット」 (製品版)

原曲は、2007/10/9投稿。North-T(畳P)さんが作った「07'DTMマガジン11月号についてくる初音ミク体験版のイメージソング」。出会いから別れ、そして再会までを凝縮した歌詞に心打たれたリスナーは数多いはず。ゲームキャラ改造モデル(らぶデスミク)によるPVも制作されており、後にMMDモデルのらぶ式ミクに受け継がれる造形となりました。

恋愛ボーカロイド feat. 初音ミク

原曲は犬尾さん、2007/9/25投稿。タイトルが「恋スルVOC@LOID」と被ってしまったためか11年以上を経て未だ8万再生台と不遇ですが、こちらも好き。パソコンの中でマスターの帰りを待つ、ミクさんの切ない心模様を歌っています。後に、松原Pさんによる秀逸な手描きPVが投稿されていますので、未見の方には見てほしい。ラストは特に堪える……

なお、松原Pさんは「ハジメテノオト」「えれくとりっく・えんじぇぅ」アナログPVも素晴らしい出来なので、こちらもぜひ。

【初音ミクオリジナル】ミクのオルゴール

はややPさん、2007/11/19投稿作。いつか忘れられる前に、たくさんの曲を歌っておきたいと望むミクさんの後ろ姿が儚い……はややPさんは、ミリオン作品の「夢みることり」やDIVA入りしている「みくみく菌にご注意♪」が有名ですが、こういう作品も忘れずにいたいものです。


2008年

「消失」「ワールドアウトサイド」などが代表曲。前回「Innocence」を紹介した際にも触れましたが、いつ消えてもおかしくないと不安を抱きながら拡大していく世界に乗り出す希望にあふれた、ないまぜの時期です。

【初音ミクオリジナル】『39』を歌ってもらいました!

原曲は、朝倉一成(kznr)さん、short版は2008/3/9、Full版は3/30投稿。お礼のサンキュー=39=ミクさんにつなげる言葉遊びとしては、かなり古い方だと思います。3年後に振り返ったら、この歌も懐かしい思い出になるんだろうな……という、未来の郷愁を先取りした歌です。

こころりPさんが、この作品をリスペクトした漫画を2011/3/30投稿されており、ボカロ系生放送で記念日(3年ごとの3/30)にリクエストされていたのが懐かしい……次の集合日は2020/3/30、どうか残っていますように。

【初音ミク】私のマスターど素人【オリジナル】

たうさん、2008/5/9投稿。楽譜が読めない、楽器もできない、というミクマスターが大量に発生していた時期。こういうマスター応援歌も出てきます。舌足らずを逆手に取った可愛さがアピールポイント。

DTM素人に送る初音ミクマスター応援歌としては、イメージソングタグはないものの「DTMってなぁに?」(2008/1/20)もオススメ。


あと、直接貼れないのでリンクを貼っておきますが、あすなろPさんの「カレン ~永遠の歌~」も好きな作品。「電子の歌姫ミクは、カレン・カーペンターのような永遠の歌姫になれるのでしょうか?」(投稿者コメント)。カレンは歴史上最も偉大なシンガーの一人に数えられるほどで、そのような存在に近づけるだろうかとミクさんが自問して歌う、ききいる名曲。後にMMD-PVも作られています。


2009年

「ハジメテノオト」作者のmaloさんが2周年を祝った「732日」が代表曲。とくPさんの「RiNG My BeLL」にもイメージソングタグが付いていますが、これは(カイミクとはいえ)普通の恋曲なので、タグの趣旨とはあまり合わないかな……

【初音ミク】Charge【オリジナル】

届けたいな 僕の歌を でも
君がいないな あの頃の君はどこ
僕の歌で 君をもう一度笑顔に
僕の声で 君にチャージ

ryuryu(びにゅP)さん、2009/2/11投稿。あなたが笑えなくなっても、あなたが大人になって忘れても、あなたのことを待って歌い続けているよ、というミクさんの歌。かわいいミクノポップで、ボカランEDに採用されたこともある名曲です。

【初音ミク】だいすきなのですよ。【オリジナル曲】

ごまあえPさん、2009/4/13の再投稿作品。のどかなリズムに癒されます。後に、2010~2012年の長期トクロシリーズ「アイアイの天気予報」BGMとしても一部に用いられました。


2010年

KulfiQさん「sound,word,heart,world」や、MSSPFB777さん「Android Ⅶ」さつきがてんこもりさん「ウインク・トランジ・スター」あたりが代表曲。イメージソングとして知られる有名作品は、ほぼ無い時期になってきています。Append登場時期でもありますね。

【初音ミク】 Rule 【オリジナル】

M@SATOSHI(あルカP)さんは、2008年から投稿を続けている古参のPさんですが、2010年になって「AGE」で初殿堂入りを果たしました。同年8/31、3周年のミク誕作品がこの「Rule」。ピコピコが心地よいミクノポップで、あルカPさんの持ち味が良く出ている作品です。

【初音ミク】Till the End of World【オリジナル曲/PV風味】

私の中の“歌いたい”が溢れて
この声に乗ってキミへ届くよ
世界中の“ステキナモノ”を集めて
私は歌い続ける The End of World...

「Innocence」KazuPさん、2010/6/12投稿。繰り返す日常に擦り切れて、大切なものを見失わないように……世界が終わる最後の時まで私は歌い続けていたい、と歌うミクさんに聴き入ります。


2011年

えのやっくさん「ドレミファミックス」MARETUさん「アンチボーカロイド」が代表曲。

初音ミクが歌うオリジナル曲→「Request!」

arataさん、2011/11/29投稿。「二人の虹」を代表作とするarataさん、爽やかなポップスの良さがあります。私の曲を卒業しても、ともに過ごした時期を忘れないでねと歌うミクさんに、初期のアイドル要素を少し感じたり。

【初音ミク】 To be style 【オリジナル曲】

リアルで触れられないけれど 心で繋がっているから
少しずつ君の事を知ることで もっと近づいていくから

CleanTearsさん、2011/8/31投稿のミク誕作品。2ステップのリズムに、スタイリッシュな間奏。格好良いメロディに、歌でつながる関係性の大切さを乗せていくのが実に聴かせます。

溢(こぼ)れたメロディは 君から初めてもらった贈り物
これからもよろしくねと届くよに今 歌うから Singing for you


2012年

DixieFlatlineさん「アンダンテ」かめりあさん「君が死ぬのを眺めているよ」ミツバチPさん「Vocaloider」U-ji(霊長類P)さん「ね・ぎ・ら・う・よっ!」、などが代表曲。完成度が高くなり、また裾野も広がっていく黄金期に突入していきます。

【初音ミク】アンダンテ【オリジナル】

君と出会った場所へ帰ろう 今はもう煤(すす)けたデスクトップ
君の待ってる街へ帰ろう あの頃のように歌えてるといいな

DixieFlatlineさん、2012/12/22投稿。2011年末~2012年初頭にかけて「Tell your world」(livetune)により世界中に知られたミクさん。そんなミクが冬にふと「故郷」へ足を向けた歌、というコンセプトだそうです。

【初音ミク】コネクトライン【ぼろぞーオリジナル曲】

ぼろぞーさん、2012/12/15投稿。ストレートで爽やかに、歌を届けてくれるミクさん。風になびくツインテールの絵柄が良く合っています。


2013年

「終点」「overwriter」を代表曲とし、「君が死んでも歌は死なない」なども忘れ難い年。

【初音ミク】水色少女【オリジナル】

戦車Pさん、2013/3/9投稿、ミクの日作品。爽やかなピアノの旋律が上り詰めていく展開が印象的です。

【初音ミク】サウンド・オブ・マジック【オリジナル曲】

HYNESさん、2013/8/7投稿。かわいいミクノポップに乗せ、DTM風景をミクさん視点で歌っています。

初音ミクオリジナル曲『voice by voice』

ashcolorさん、2013/3/18投稿。ashcolorさん、芯が通って安定したメロディで好きなんです……いつの間にか最後まで聴いているミクノポップ。

【初音ミク・蒼姫ラピス】君のために歌うだなんて【オリジナル】

りねずさん、2013/10/29投稿。ミク&ラピスマスターで、2人が互いに歌うような楽曲が多いPさんです。メロディも素敵なのですが、なにより歌詞がてらいなく真っ直ぐに刺さる作品を書かれる方です。今でいうと、傘村トータさん作品の歌詞が好きなら、りねずさんも巡回推奨ですよ。

【初音ミク】38【オリジナル曲】

COSSUN(初音圧縮P)さん、2013/10/11投稿。とてつもない爽やかロックで、きらめくピアノも素晴らしい。タイトルは、あなたがもたらす一つの欠片があってこそ初音ミクとして完成する、という意味かも。


2014年

「ぶれないアイで」「ペイメント」などが代表曲。この頃のミクさんは、もはやグレイテスト・アイドルMitchie Mさんのメジャー1stアルバム)と名乗っても過言ではないほど上り詰めた感があります。

【初音ミク】charm

AVTechNO!さん、2014/3/28投稿。もう私の推しは明らかですが、爽やかミクノポップが好物なので仕方ない。AVさんの絶品の音を堪能してください。

【初音ミク・蒼姫ラピス】この声のその理由は【オリジナル】

2013年に続き、りねずさんからもう1作品。2014/7/8投稿。ぼかりす使用ですが、それでも調声には並々ならぬ努力が必要だったでしょうね……素直な気持ちの応援歌として得難い作品です。元気をもらえる名曲。

【初音ミク】 Never ending story 【全全力力】

全全力力Pさん、2014/4/1投稿。アップテンポな爽やかピアノポップ。ミクさんと共に進んでいくストーリー、あなたにも通じるところがあるかも。メロディが気に入ったら、巡回推奨のPさんですよ。

他にも、ぺんくろさん「ねじ巻きひこうき」などもオススメですが、以前に紹介していたのでここでは割愛します。


2015年

hanoさん「Be Myself.」や、dorikoさん「あなたの願いをうたうもの」ハヤブサPさん「がらくたの僕に」などが代表曲。2015年には衰退論を意識した作品も検索で上ってきていますが、最初に記したように、VOCALOIDイメージソング的には、10周年をにらんでむしろ加速しつつある時期です。

【初音ミク】your voice by BIGHEAD feat.初音ミク【オリジナル】

BIGHEADさん、2015/7/24投稿。クラブで使えるミクノポップ、隙のないメロディに没入してしまいます。私はBIGHEADさんを後から知った口ですが、「Sharing The World」はHATSUNE MIKU EXPO 2014 in LA & NY 公式テーマソングとして採用されていました。今も世界中で活躍するPさんです。

【初音ミク】my master【オリジナル】

こるくさん、2015/8/31のミク誕投稿曲。可愛いミクノポップで、一緒に歩いていきたい気持ちをテンポよく歌っています。

【初音ミク】二人のロボットダンス【オリジナル】

モデさん、同じく2015/8/31のミク誕投稿曲。ミクノポップにPOEMLOIDを複合させた作品で、ゴミ捨て場を背景に、ロボット胴体に映し出されたミクさんが「私と踊りなさい」と言うのが、シュールながら考えさせられます。

初音ミクオリジナル曲「hoshi no orchestra」

keiseiさん、2015/8/31のミク誕投稿曲。「ブライトシティ」など伸びやかで爽快なミクノポップに定評のあったkeiseiさんは、2017年に「Singularity」でマジカルミライ採用を勝ち取ることになります。


2016年

「拝啓、私の特別な人へ」「Tears River」「コレクトコネクト」「Blue Star」などが代表曲。マジカルミライ、MIKU EXPOに関わる曲としてのVOCALOIDイメージソングがより周知されていくイメージがあります。

2016年のイメージソングでは紹介したい曲が多すぎて絞り切れない……手抜きですが、連貼りしていきますね。


2017年

堂々の10周年。「リバースユニバース」「Initial Song」「初音ミク」「最初の一歩から」「印税大好きフォーエバー」、などが代表曲。イメージソングタグは無いものの、「砂の惑星」に代表される年ですね。

『いままでも、このときも、これからも――』 feat.初音ミク/ cosMo@暴走P

cosMo@暴走Pさん、2017/3/15投稿。コンピアルバム「Vocalohistory」収録曲。暴走Pさんが長い旅路の果てに、どこにたどり着いたのか……それを受容するのか、そのうえで歩み続けるのか、それは私たち次第です。

sweetie! / Spacelectro feat.初音ミク

Spacelectroさん、2017/3/14投稿。futurebassと呼ばれるキラキラ跳ねるミクノポップで、kawaii futurebassの潮流もボカロに入ってきてますね。EDM好きならSpacelectroさんを追って損はないですよ。

M1KU - ft.初音ミク

23.exeさん、2017/1/30投稿。クラブで使えるミクノポップで、可愛い絵柄と繊細に構築されたEDMがほどよく合っています。心地よく浸れる感じ。

【初音ミク】 Baby Steps 【オリジナル】

雨漏りPさん、2017/5/26投稿。「失敗しても、夢がなくなっても、そこからまた新しい何かが始まる……」という、前を向くコンセプトの爽やかミクノポップ。タイトルの「Baby Steps」は、少しずつゆっくり進もう、の意。

(追記)2017/11/29、Thanksさんによって10周年を意識したMMD-PVが投稿されています。(画質優先でYouTube貼ってますがニコ動にもあるよ)

【初音ミク】スキップ→ストレート!!【オリジナル曲】

yukiさん、2017/7/7投稿。ごきげんミクさんでスカポップ。思わずスキップしてしまいそうなリズムに背中を押されます。元気をもらって、新たな出会いへと進みましょう。


2018年

DIVELAさんの「ディザーチューン」「METEOR」「ミライゲイザー」「ビートシンカー」が4トップ。さすが、ツイッターでいつもミクほっぺをつついてるだけのことはあります(何

他には、「歌の棲む家~メゾン初音~」も殿堂入りしてますね。

【初音ミク】『 クリエイション・ジャーニー 』【オリジナル曲】

Heavenz(ヘブンズP)さん、2018/9/18投稿。2009年~2014年に投稿されていた古参Pさんが、約4年ぶりに投稿された作品。動画には、帰還を喜ぶコメントが溢れました。「初音ミクと世界地図」収録曲。

TYFW - ft.初音ミク,IA

23.exeさん、2018/7/28投稿。4年間も作曲を続けてこられたのは、聴いてくれて応援してくれる人がいたおかげ、というコメントに打たれます。当たり前のことこそ心に響く、を体現している作品。

【ミクはキカイ】#Null#【そのはずなのに】

ワカバさん、2018/2/2投稿。機械としての初音ミク、にフォーカスした名曲です。さまざまに感情移入されるミクさんではあるけれど、人ではなく機械であるのが出発点なんですよね。初期名曲へのリスペクトもありますが、独自の世界観を作り上げているのが素晴らしいです。

初音ミクオリジナル曲「Helium」

keiseiさん、2018/8/30投稿。風船を髪に結んだ可愛いミクさんの絵は、どくみつさん。いやあ、keiseiさんのミクノポップはどんどん洗練されていきますね……この先も聴いていきたいPさんです。

【初音ミク】 うたうきかい 【オリジナル曲】

tkさん、2018/1/27投稿。廃墟で歌っているミクをイメージしたとのこと。世界崩壊曲リンクのタグはないけど、あっても良い感じです。


2019年

今年もDIVELAさんが強い。「ビビッドヒーロー」「そこに命はありますか」「REVENGE DOLL 39」の3作品が伸びています。そして、傘村トータさん「LIFE」が代表曲。

なお、8月31日になってミク誕曲が続々投稿されていますので、VOCALOIDイメージソングはさらに増えるでしょう。

LIFE / feat. 初音ミク

傘村トータさん、2019/5/4投稿。トータさんは美しいバラードを得意とされていますが、この作品は激しく爽やかなロック調で攻めています。編曲の志波謡さんの力もあるのでしょうが、強く真っ直ぐな歌詞と合わせて、心の真芯を捉える作品。未見の方はぜひ聴いてみてください。

【MV】ラッキー☆オーブ feat. 初音ミク by emon(Tes.) 【MIKU EXPO 5th】

emon(Tes.)さん、2019/5/17投稿。MIKU EXPO 5周年のテーマソングです。代表作「shake it!」のごとき弾けるメロディに、加速サトウさんの美麗なMVも相まって、多幸感あふれまくっています。見るだけでハッピー。

マスタリー/ワカバ feat. 初音ミク

ワカバさん、2019/7/5投稿。テンポ良い楽曲なのに、随分と後ろ向きの歌詞だな……と思ったそこのあなた、ぜひ最後まで聴いてみてください。ラストに至った時、歌詞とPVに施された仕掛けとその深い愛に気づくでしょう。

デミヒューマン・エチュード / 左手ft.初音ミク

左手さん、2019/3/15投稿。ミクさんとの馴れ初めを曲にした、とのこと。言葉遊びで韻を踏んでいて、するすると耳に入ってくる歌詞が心地よいんですよね。気に入ったら、作品をいろいろめぐるのもオススメです。

Fantastic!! feat.初音ミク

ばらっげさん、2019/3/5投稿。渋谷ロフトで開催されるイベント『39Culture PARTY&COSPLAY』での『COSPLAY』公式テーマソング。ごきげんなミクノポップで、光の粒が飛び散ってそう。ばらっげさんのEDMは信頼できる音。

【初音ミク】プラネット・シェイカー

ー 歌うために生まれたわたしは、いつだってあなたの味方だから ー

Bernisさん、2019/8/31投稿。初音ミクとボカロカルチャーを愛するすべての人、すべての創作者へ送る応援歌。Bernisさんは、普段トランス系中心にEDM分野で活躍されていますが、本作はバンド風のポップロック。タイトル通り、初音ミクとあなたが、この惑星を揺さぶる存在となりますように。


紹介できなかった名作・良作は星の数ありますが、時間のようです。

今後とも、ミクさんをはじめボカロ文化が続いていきますように。

それではまた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ヾ(*´∀`*)ノ
20

lefthorse

ボカロリスナーの一人。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。