命より大切な校則があっていいのか?

期末テストまであと二週間を切り、そろそろ本格的にテスト勉強をしないといけないのですが、どうしても書きたいことがあったので書かせてください。

つい最近、大阪北部で地震が発生しました。

僕はちょうどその頃、通学途中で梅田駅にいました。

スマホの持ち込みは校則で禁止されていて、親や学校に連絡することはできませんでした。

幸い僕は、近くにいた別の高校の先生がスマホを貸してくれて親と連絡を取ることはできました。

しかし、もしも今回よりもっと大きな地震が起きたら??

学校はどう対応してくれるのでしょうか??



どうしてもスマホを禁止させたい学校

当然のことながら、学校には保護者からのクレームがたくさん寄せられました。

腰の重い学校も、急遽職員会議を開き、出した結論がこれ。


[許可する一情報端末の例]

・キッズケータイ F-03

・みまもりケータイ4

・mamorino4

ふざけてるのか!!!??

.

何がキッズケータイじゃ!!??

.

.

相手が小学生や中学生くらいならまだ分かります。

授業中や休み時間がゲーム大会になっても困りますからね。

しかし、高校生にこの対応は如何なものか??


まずキッズケータイで使うことのできる機能は、どこにいるかを親に知らせるGPS機能と電話だけ。

災害時には電話回線が混み合って使い物にならないでしょうし、交通機関など災害に関する情報収集もできません。

そこまで学校側は考えたのだろうか??


スマホと教育

もちろん、SNS等の問題で、僕たち生徒への信頼はいいものではありません。

しかし、それを理由にいつまでも禁止にし続けるとどうなるか??

きちんとした使い方を知らずに社会に出るとどうなるか??

「教育」というのは本来そこを教えるべきなのです。

それを放棄していいのだろうか。

僕の学校は、情報化社会に生き残る生徒を育てるという名目で「スーパーコンピューター’’京’’」の元開発責任者を常勤顧問にしたり、かなり大掛かりなことをしています。

ですが、それより先にやるべきことがあるのではないでしょうか??


命より大切な校則があってはならない

校則とは本来、生徒のためにあるべきもの。

それが’’校則のためにある生徒’’になってはならないはずです。

ましては、今回は命に関わる問題。

こんな校則があっていいのだろうか??


皆さんはどう思いますか??



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

このnoteを見て、活動を応援したいと思ってくれた方、また記事を気に入ってくれた方はサポートやFollowをしてくださると嬉しいです。

ありがとうございます!
89

有本怜生

高校生の雑記

高校生にしか発信できないことも連載します。
12つのマガジンに含まれています

コメント3件

もっともな言葉ですね。命も大事ですし、子どもの権利も大事です(子どもの権利条約参照)。校則よりも。
ここ20年ほどで、校則やその指導で、生徒が何人か亡くなって、そのあたりはだいぶ改善されたと思っていたのですが……。どうしたら、改善されるのか……。
学校は圧力に弱いから、その辺から攻めていくとよいかもしれません。私も、時間はかかりますが、いろいろ考えてみます。
「社会に開かれた教育課程」という言葉が教育現場で聞かれるようになっていますが、まだまだ学校は閉鎖的ですよね。閉じられているから、社会の常識が浸透してきません。学校の常識は社会の非常識、と教員が自覚できるように、学校をもっとオープンにしていかなければならないと感じました。
正直、驚きました!
包丁やはさみは使い方ひとつで凶器になりえますが、正しい使い方を学校で教えてくれるので凶器として使用しようと思う人を防止しているととらえられます。
文科省は情報モラル教育にも取り組んでおり、スマホで授業に対する質問や意見や授業に対する評価までできるCラーニングというのを取り入れている学校だってあるのに、学校側が必要な情報端末を選べるのかがわかりません。最新のものを活用していれば、より便利で暮らしに役立つものを開発する思考力が育ちます。学校はそのようなクリエイターを育てるための教育現場ではないんでしょうか。なんかがっかりです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。