第3話 「報道という洗脳」 その二

ギャング大国という印象があるはずだ。
 最後に豪州だ。ここはカンガルーとコアラで溢れかえったところという印象があるはずだ。
 勿論気付いたかと思うが、上記3つの文は過剰に強調されており、私達にある正しい認識を、情報操作や言葉遣いによって不正な内容に改変する報道である。
 これによって何が引き起こされるかと言うと、まずはその国を嫌いになってしまう。今までに何度も自身の足で訪た国なのに、嫌いになってしまう。
 そして、その嫌いという感情を行動に移し、聞いたものもはまた異なる言葉でその国を批判するということが繰り返され続けるという悲惨な結末にたどり着く。
 こんなことをしている内に偏った思考を持つようになり、そのせいで正常な思考力を失ってしまう。
 この、正常な思考力を失った人間は闇雲に報道を信じ、いずれ報道が絶対的存在になる。
 これで洗脳は完了した。後は、軽く背中を押すだけで簡単に動いてくれるだろう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

おもうことと知ったこと

どうも、おーもりです。新シリーズ"おもうことと知ったこと"へようこそ。このシリーズではまさに、著者のおもうことと知ったことをゆっくりと紡績していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。