日経平均レバレッジ・ダブルインバースETF株式トレード手法の実践方法

日経平均株価が上昇トレンドとなった場合
日経平均株価の上昇と同時に
1357日経平均ダブルインバースの株価終値が
テクニカル指標であるストキャスティクスの
安値圏に入ったことを確認します。
トレード資金の一部から投入する株数を計算し、
翌日、寄り付き、成り行きで買い注文を出します。

日経平均株価が更に上昇した場合
日経平均株価の上昇と同時に
1357日経平均ダブルインバースの株価終値が
ストキャスティクスの安値圏に
入っていることを確認します。
前日買値から当日終値が一定割合安くなった場合
安くなった割合に応じてトレード資金の一部から
投入する株数を計算し、
翌日、寄り付き、成り行きで買い注文を出します。
日経平均株価の上昇が終わるまで
上記分割買いを繰り返します。

日経平均株価が下降トレンドに転じた場合
日経平均株価の下落と同時に
1357日経平均ダブルインバースの株価終値が
ストキャスティクスの高値圏に入ったことを確認します。
1357日経平均ダブルインバースの損益率が
売買ルール決めた値以上となった場合
翌日、寄り付き、成り行きで売り注文を出し、
利益を確定します。

同時に、1570日経平均レバレッジETFの株価終値が
ストキャスティクスの安値圏に入っていることを確認します。
トレード資金の一部から投入する株数を計算し、
翌日、寄り付き、成り行きで買い注文を出します。

日経平均株価が更に下降した場合
1570日経平均レバレッジETFの
前日買値から当日終値が一定割合安くなった場合
安くなった割合に応じてトレード資金の一部から
投入する株数を計算し、翌日、寄り付き、
成り行きで買い注文を出します。
日経平均株価の下降が終わるまで
上記分割買いを繰り返します。

このように、日経平均株価の価格変動に合わせて
1357日経平均ダブルインバースETFと
1570日経平均レバレッジETFを組み合わせて
分割買いで日経平均株価の価格変動の波に乗り、
利益を上げます。

この手法の最大のリスクは、
相場のトレンドが長期に渡り一方向に発生した場合、
分割買いで現物株式の平均買値を
下げることができますが、
相場が反転した場合、
株価が回復する速度が分割買いした時に比べて
かなり遅く、期間を要することです。

このトレードにレバレッジをかける場合
無期限信用買いを利用しますが、
ロスカットしないため
信用取引の買いの利息がかかります。
この利息は、ロスカットをしないことの
経費と考える必要があります。
無期限信用買いを利用する理由は、
返済期限に追われることが無いため、
メンタル的に非常に楽だからです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

有難うございます^^
1

Kaz Gyo

日経平均レバレッジ・ダブルインバースETF株式トレード手法

【1570】日経平均レバレッジETF と【1357】日経平均ダブルインバースETFで日経平均株価変動に波乗りするトレード

コメント1件

サイトからの突然のコメントで申し訳ございません。
初めまして。投資情報サイトGogoJungleを運営しています株式会社ゴゴジャンの宮田と申します。

拝読しましてコメントしました。

今回、コメントしました理由としましては、恐縮ではございますが、トレード手法の知識を、投資ナビ+の記事として投資情報サイトGogojungleでご掲載してみてはいかがでしょうか?と思い、コメント致しました。

ただ、どんな会社かもお分かりにくいかと思います。
初めての方でも商品作成~販売まで全て無料でサポートいたしますので、お気軽にお問合せください。

◆掲載ページ◆
https://www.gogojungle.co.jp/

詳しくはメールにてお問い合わせください!
ご連絡心よりお待ちしています。

株式会社ゴゴジャン smiyata@gogojungle.co.jp
宮田
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。