株式トレードにおけるテクニカル分析と指標の分類

株式トレードにおいて売買のタイミングを計るため
テクニカル分析を行いますが、これには
テクニカル指標が良く利用されます。

テクニカル指標とは、過去の株価データから
未来の株価の値動きを予測するもので
ある一定の計算アルゴリズムから
チャートを作成します。

テクニカル指標を分類すると
トレンド系時系列指標、オシレーター系時系列指標、
非時系列指標に大別できます。

トレンド系時系列指標とは、
株価の方向性を時間を入れて分析する指標です。
オシレーター(振り子)系時系列指標とは、
価格変動を通じて相場の強弱(高安)を
時間を入れて分析する指標です。
非時系列系指標とは、
時間を要素に入れないで分析する指標です。

具体的な指標例を示します。
トレンド系時系列指標
・ローソク足
・時系列新値足
・移動平均
・移動平均乖離率
・ボリンジャーバンド
・パラボリック
・エンベロープ
・一目均衡表

オシレータ系時系列指標
・RSI
・RCI
・DMI
・ROC
・MACD
・ストキャスティックス
・サイコロジカルライン
・モメンタム
・レシオケータ

非時系列指標
・新値足
・カギ足
・ポイント&フィギュア
・逆ウォッチ曲線

その他の分類法として
順張り系指標:市場のトレンドと同方向に売買する指標
逆張り系指標:市場のトレンドと逆方向に売買する指標
エネルギー系(量的)指標:出来高や売買代金で市場の強弱(高安)を分析する指標
で上記記載の例を分類することもできます。

テクニカル指標を使用する目的は、
売買のタイミングがメンタル的影響を受けずに
一定とすることにあります。
従って、売買ルールの一部に
テクニカル指標を使用することをお勧めします。

日経平均レバレッジETF&日経平均ダブルインバースETF株式トレード手法では売買ルールの一つに、売買のタイミングを一定とするため
テクニカル指標として、オシレータ系時系列指標である
ストキャスティックスを使用しています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

有難うございます^^

Kaz Gyo

日経平均レバレッジ・ダブルインバースETF株式トレード手法

【1570】日経平均レバレッジETF と【1357】日経平均ダブルインバースETFで日経平均株価変動に波乗りするトレード
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。