見出し画像

文化人類学としての日本

自分のことは自分が一番よく分かっていると思いがちだが、周りの客観的な目によって気づくことの方が多い。
それは国という得体の知れないものにおいても同様だ。

『菊と刀』(ルース・ベネディクト著)。

これは、日本人論を描いた文化人類学の第一級の書物だ。
描写されている「日本人像」があまりにも精緻でハッとすることが多い。

第二次世界大戦(太平洋戦争)に勝利したアメリカが日本統治においてその社会研究を行うことを目的に、著者で文化人類学者であるルースベネディクトに依頼して完成したものだ。

//序文より
日本人はアメリカがこれまでに国をあげて戦った敵の中で、最も気心の知れない敵であった。
大国を敵とする戦いで、これほどはなはだしく異なった行動と思想を考慮の中に置く必要に迫られたことは、今までにないことであった。


「恥」「恩」「義理」「忠」「孝」など日本独特の思考・価値観について、その意義と負の面を考えさせられる。
天皇を頂点とした日本の社会構造は今も続いている。

平成という世は、バブル崩壊後の対応に対する批判として「失われた30年」と言われているが、その要因の一つは日本という独特な社会構造にあるように思う。
しかし一体、何が失われたのであろうか。

日本人は、「日本人」というものを知らないのではないかと思うことがある。
米国人の目を通して見る日本人像は、我々にそれを教えてくれる。

今年、天皇が変わる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

Takuma Sato

リベラルアーツとテクノロジーに興味がある。 ITアーキテクト/SREエンジニア

コメント1件

初めまして!男澤と申します。
ノートを読ませていただきました。私はパニック障害を抱えています。
そんな私が取り組んでいる仕事を紹介させてください。

実は、今回ご連絡したのは、私が大変お世話になっている知人が立ち上げたストック(蓄積型)の収入が構築できる海外案件(海外に行くわけではありません)がありまして、自分らしく生きていきたい❗️という仲間を募集しています。
現在の状況にプラスして、別途収入が毎月安定的に入ってくるお仕事(権利収入💰💰)です。要するに、Takuma Satoさんを我々の事業の仲間にスカウトさせていただきたいと存じます。立場はフリーランスとなります。

オンライン完結型なので世界中どこにいても、隙間時間でも、副業本業問わず行うことが可能です。
Takuma Satoさんのノートから、一家言をお持ちですし、この案件にベストなお方と判断させていただきました。
是非、URLでお送りさせていただきますので、事業の内容動画をご覧いただいて、ご判断願えればと存じます。
いかがでございましょうか? 
ご返答お待ち申し上げております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。