見出し画像

Google I/O 2019 ライブブログ

私にしては珍しく、Google のイベント「Google I/O 2019」に来ています。せっかくなので、note でライブブログを書いてみます。イベントが進むに従い、追加して行くので、適宜リロードして下さい。

10時からのキーノートが始まりました。まずは、ARを活用した会場案内の紹介。

まずはサーチの進化。検索の結果見つけた3dモデルをインタラクティブな形で提供したり、ARで表示したり。


Google レンズの進化も面白い。レストランのメニューの写真を撮影するだけで、何が人気か教えてくれたり、写真を見せてくれたり。

外国に旅行した時の、掲示板の自動翻訳もかなり使えるレベルに進化。

開発途上国のために、エントリーレベルのAndroid ケータイでも翻訳が出来るようにしている。これは良いアイデア。

Google assistant は、人間の秘書のようにウェブサイトの内容を理解して、レンタカーの予約まで出来る。

しかし、このアシスタントはヤバイ。Voice interface の欠点を見事に解決しつつある。

ついにApple よりも先を走っている感がある。もっと困るのはマイクロソフト。Mobile OS の戦いに負けてことが、ここに来て致命的だったことが明確に。

Federation learning は、とても良いアイデア。プライバシーの面でも、通信量の面でも。

Pixel 3a いいかも。

全然ライブでは書ききれなかったけど、学ぶことが数多くあった。特に良かったのが、Firebase の開発者二人と直接話せたこと。Realtime Store は、彼らがGoogleに買収される前に作ったもの。Google のインフラは活用していない。Firestore は、Google のインフラを使ったもので、スケーラビリティがとても良いし、今後の開発リソースは、そちらに注がれるとのこと。

私としては、実際にコードを書かないと気が済まないので、これからが忙しそうだ。具体的なアクションアイテムとしては、

1. Nest Hub を購入して(追記:注文済み)、Interactive Canvas を使ったゲームを作る
2. Pixel 3a を購入して、iPhone の代わりになるかどうか試す
3. Rich Search Result に対応したウェブページを作ってみる
4. 作成中の Firebase アプリのデータベースをReal Time Database から Firestore に切り替える(追記:開発済み)
5. Firebase の Cloud Function を試してみる

ちなみに、この手の開発者向けのカンファレンスに来ると「これも作らなきゃ!」ってアイデアが次から次に浮かんで来る(それが開催者の狙い)。煮詰まっている開発者は、一度来てみると良いと思う

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

56

中島聡

エンジニア、起業家。自分が創業者として米国に作った会社を2回売却($56M, $320M)。 シアトル在住。メルマガ「週刊 Life is Beautiful」連載中。工学修士・MBA。

今週のざっくばらん

1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。