出産前のセルフコントロール(妊娠中期編

「出産前のセルフコントロール」続編※過去ログですがリアルです。

「妊娠中期」におさえておくポイント。

それは「お金の把握と体の管理」

まずは「お金の事」
これって実は妊娠中に襲ってくる大きな不安の1つ。正直お金って生活にとってまず一番大事だし、妊娠している今、今までの収入、出費とは変わるということに急激な不安が襲ってくる。

ここさえおさえておけば心も体もコントロールしやすくなるくらい大きな基盤。出産にかかる費用に始まって、働いている方なら産休、育休、復帰後の出勤時間での収入の計算をリアルにしないと漠然とした不安に襲われることになる。

私は目に見えるように時系列でエクセルに書いてた。正直パートナーに「お金がこういう状況になるよ!」ってことを伝えることもものすごくストレスだし、こんなことを妊婦の私から切り出さなきゃいけないの?とか思ってきてイライラしたりする。でもちゃんと向き合ってとりあえず現状と未来をシンプルにお金について把握するって話。

そして私はパートナーにそのまま作り上げたエクセル表を送信。男性も見えるようになっていて、数字だけが並んでいるものはとても受け入れやすい。

まずは自分が把握、パートナーも把握、これをするだけで「不安」が圧倒的に解消される。

これができたら、次は「体の管理」

体重コントロールや、食事のこと、睡眠やお通じなど妊婦へのミッションは意外と多い。周囲は「名前決めた?」とか「仕事復帰するの?」「保育園?幼稚園?」なんて話ばっかりしてきて、それよりこっちはやらなきゃいけないこといっぱいあるから・・ってイライラしてくるけど、ここでもやる事(ちゃんと続けれそうな)を絞ること。

私がやったのは歩くことと、お弁当を作る事。この2つだけ。会社まで行き帰り30分ずつ歩いて通う。もちろんスニーカーで。

お弁当も、とりあえず詰めていれば良いくらいな感じ。冷凍食品でも野菜のものを選べば良しとしたり、揚げ物も弁当レベルならカロリーだってOKさ!と勝手に思ってとりあえず弁当を作ってた。

そもそもお昼毎日外食してたっていう生活だったから、それを辞めるだけで体重の右肩上がりが止まったっていうだけかも。

ちなみに、歩くだけでとにかく体の調子が良くなる。体のだるさ、重さが軽減、腰痛も解消。エネルギー消化により体重も過度に増加しない。夜も眠くもなるから余計なことを考えなくて良い。

体を動かすとストレス発散になるからか、気持ちの良い汗をかけば、謎のもやもやする心も軽減される。

妊娠中期にはだいたいつわりがおさまると言われているから、そのつわりがおさまったタイミングで上記のことをスタートするのがお勧め。

頭と体を整えると心が整ってくる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!本当にうれしいです。
10

koyuki

妊娠・出産セルフコントロール法

妊娠・出産のセルフコントロール法を公開しています。賛否両論が多い案件ですので、ご自身の役立つ情報としてご覧いただける方に読んでいただきたいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。