世界が終わる日に聴きたい歌

歌を聴くのがすき。

よく想像するのが、「今聴いているこの歌が、劇中歌だとしたら、どんな場面が似合うだろう?」ということ。

つまり、この歌にはどんなシチュエーションがあってるかな?  という。

長めの小説を書くときは、必ず、『テーマソング』を決めます。発表することもないですし、完全な自己満足なんですけど、これをしないとなんだかおさまりが悪い。

どんな物語にも「似合う歌」はありますし、どんな歌にも似合う物語があります。

歌と物語は、蜜月関係にあるのです!  と思ってます!


これは海辺をドライブしながら聴きたいな、とか。

これは夜の街をあてもなく散歩しながら聴きたいな、とか。

これは自分の結婚式で流したいな、とか、そういう妄想までしちゃってます。

ちなみに、今の三つの例は、上から、

サザンオールスターズ『希望の轍』

Suchmos『STAY TUNE』

アイカツ!『SHINING LINE*』

だったりします。(趣味とか、年齢とかは、気にしないでくださいね!)


で、こういった、日常的なシチュエーションだけじゃなくて、非日常的な、映画とかアニメみたいな状況に似合う歌もいっぱいありますよね。

そんな中で、

「ああ、この歌は、世界が滅亡する日に空を仰ぎながら聴きたい!」

という歌がありまして。

それは、ももいろクローバーZの『サラバ、愛しき悲しみたちよ』です!

そうです、布袋サウンドのあの歌です。

すんごい好きなんですよねー。終末感があるというか。

メッセージはポジティブなのに、それがどことなく「おっけー! 来世に期待しようぜ! ばいばい!」というやけっぱちなふうに聞こえちゃうんです。

だから、世界が滅亡する日にぴったり。

まあ、そんな日は来て欲しくないけど……でも、どうしても、一番似合う状況でこの歌を聴きたい……という、ひそかな欲望でした。


みなさんは、世界が終わる日に、どんな歌を聴きたいですか???

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!!!!!!!
3

リルカ日記

ふと、思ったこととか、考えていることを、つらつらと書きます。 実のないはなしです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。