眠いから終わり

環境が色々変わった。回線弱者になった。iPhoneが充電されなくなった。主食がグラノラからお湯で作れる食べ物全般に変わった。仕事が忙しくなった。一つ歳を重ねた。他人のことを気にも留めなくなった。

こういう状態を、何て言うんだったか、忘れてしまった。そんなことはどうでもよくなっていた。事柄にいちいち名前をつけて、その名前で呼んであげないといけない、言語化できないものは理解できない、そうしないと落ち着かないなんて、あまりにも窮屈で、息苦しい。


言葉にできないものについて、話す。

十数行書いたけれど、全部消した。なんだか、嫌な気持ちになってしまって。

最近、ふと悲しくなってしまう。誰かが側にいたりいなかったり、誰かの何かになったりなられたり、そういう人の営みに、素直に向き合うのができないことに。

私は多分、どこかから歪んでしまっていて、これはその弊害の一つなんだろうな。もう眠くなってきた。ああ、人間嫌い、人間やめたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂けると私が本を買って喜びます。

lilycal

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。