タイムシートの書き方!

社員さんたちにお願いしているタイムシート。
書き方がわからなくて悩んでいませんか?
今回はよく耳にする言葉や
考え方の例についてまとめてみました!

必ず書くこと

☆始業時刻(出勤をした時刻)
☆終業時刻(退勤をした時刻)
☆休憩時間(休憩を取得した時間)

いまいち難しいこと

★所定労働時間
就業規則や雇用契約書で定められた
始業から就業までの時間。1日8時間が多い。

★法定労働時間
労働基準法で定められている労働時間。
原則として1週で40時間、1日に8時間。

残業時間 (25%増)
規則や法で定められた時間よりも働いた時間。
式:終業時刻ー始業時刻ー所定時間ー休憩時間

深夜時間 (25%増)
深夜22時~翌朝5時の間に働いた時間。
すべて割増賃金で支払われる。

★法定休日 (35%増)
会社が国に申請した休日。
代休を取らない場合、
すべて割増賃金で支払われる。

法定外休日 (25%増)
会社がもう1日決めた休日。
代休を取らない場合、
すべて割増賃金で支払われる。

書き方の例

< とあるIT企業の就業規則 >
所定労働時間:1日8時間
( 始業は10時、終業は19時 )
法定休日:日曜日
法定外休日:土曜日

< 平日に1時間残業した場合 >

所定時間(8時間)を超えると
残業となり賃金が25%増しになります。
この場合は所定時間に8h、
残業時間に1hと記入します。

< 平日に1時間残業した場合 >

所定時間(8時間)より少ないと
時給換算で減給となります。早退も同様です。
この場合は所定時間に7hと記入します。

< 平日に1時間遅刻して1時間残業した場合 >

所定時間(8時間)ぴったりの場合
19:00を超えても残業にはなりません。
この場合は所定時間に8hと記入します。

< 休日出勤した場合 >

休日はどんな時間も割増賃金となります。
残業時間は更に割増となります。
法定休日もしくは法定外休日に8h、
残業時間に1hと記入します。

< 深夜勤務した場合 >

22:00~翌朝5:00の勤務は
所定時間内でも賃金が25%増しになります。
この場合は所定時間に2h、
深夜時間に6hと記入します。

まとめ

何時に出社、退社ではなく
1日に何時間働いたかで考えましょう!

休日は会社によって扱いが異なるため
確認して頂けたらと思います。
いまいちわからないことがあれば
お気軽にコメントください ◎

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。