2019上半期自選4首

見た目ほどおいしくなくてクレープのようだ叶ってしまった夢は
卯月 九日 『クレープ』

食うためにすずらんを買う。店員がまた来てくれと言うので生ける。
卯月 十日 自由詠

美しければ 美しければ生きられる 檻の外では滅びゆくヒョウ
卯月 廿六日 『豹』

トトロって鳴く生き物がトトロなら僕はさしずめスミマセンかな
皐月 朔日 『トトロ』

#2019年自分が選ぶ今年上半期の4首


ということでした。
短歌は今年の3月6日からですんで、実質3ヶ月ほど。しかも1日一首詠んでないので、在庫が少ないですね……。

自選するほどないしなと思っていたのですが、そういえば自選をしたことがなかったので、この機会にやっておきました。
こういうのは大事な気がする。

ツイッターに投げてすぐに、大学のリア友が反応してくれました。
全部僕っぽいんだって。
彼女が言うなら多分そうなんだけど、そうなんだけど、やだな、こんな奴。
よく見ていてくれる人がいるのは嬉しいなぁ。ありがとね。

短歌、ツイートしたりノートにまとめたり。
思いのほか反応をいただけます。びっくり。
あんまり人目を気にせず、と思ってるけど、僕は素直なのでとても嬉しい。励みになります。

ゆるゆる続けられたらなと思っております。
引き続きよろしくお願いします。

ではまた。


#短歌 #tanka #うたの日

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

貧乏学生

❤︎
5

揺籃歌

切れ切れの息で歌えば自転車で切る風に溶け恥ずかしくない
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。