見出し画像

こんにちは、LINE Fukuoka クリエイティブ室です

今回は、LINE Fukuokaのクリエイティブ室についてご紹介したいと思います。
前回、LINEの新宿オフィスにはクリエイティブセンターがあるというお話をしましたが、福岡にも同様の組織としてクリエイティブ室があります。UIデザインからオフラインの制作物、イラストやテーマのパッキング業務、映像と幅広くクリエイティブ業務を担当している部署です。
東京のクリエイティブセンターと変わらない業務もあれば、福岡にしかない業務もあり、幅広い業務に関わっています。

1. イラストチーム

様々な経歴を持ったメンバーが集まり、スタンプ・絵文字・着せかえのアイコン部分、LINE Cameraのスタンプ・フレームなどを中心に、様々なサービスのイラストを制作しています。キャラクターのデフォルメや、1からのキャラ・イラスト素材をチームメンバーで制作、案を出し合うということもあります。

2. UIデザインチーム

UX/UIデザインを通じてLINEのファミリー系サービスKPI(ユーザー数/売り上げ/アクション数)の最大化に貢献するセクションです。
LINE Fukuokaでは、LINE CREATORS STUDIO、LINE MOBILEやLINE BLOGなどのUIデザインから、CMSツールのUIデザイン、ランディングページのデザインを担当しています。

3. グロースデザインチーム

LINEが運用する各種サービスの安定した運用と、サービスの成長を促すセクションです。LINELIVE・LINE占い・LINEデリマなどの日々配信されるバナーなどのデザイン全般を担当し、数値を分析しながらデザイン的視点を用いて各サービスが抱える問題を解決していきます。

4. グロースデザインチーム / 映像パート

LINEのサービスや新機能、LINE GAMEにおけるプロモーションビデオをサービスや会社の垣根を越えて制作を行います。モーショングラフィックスに特化していますが、まれに社内外へ実写撮影に繰り出したり、ディレクションにも携わることも。
LINE GAMEの公式アカウントや、LINEアプリ内で見かけた動画は、もしかしたら彼らが作ったものかもしれません。

5. テーマパート

東京のUIデザイン室のデザインデータを元に、LINEの着せかえをパッケージング化してリリースするまでを担当しています。日々進化するLINEにあわせてUI/UXを考慮した対応を求められる業務です。
どんな環境でもストレスなく着せかえを楽しんでもらえるよう、リリース後のアップデート対応もおこなっています。

最後に

LINE Fukuokaのクリエイティブ室はクリエイティブセンターと協力しながら、クリエイティブ制作を担当しているためメンバーの交流も活発です。
また、積極的にワークショップも開催。クリエイティビティの向上に努めているのも特徴でしょう。

東京とともにLINEのクリエイティブ制作を支えるクリエイティブ室の活動については、今後もご報告して行きますのでお楽しみに!



ご覧いただきありがとうございます!
43

LINEクリエイティブセンター

LINE株式会社のUI/UX、スペースデザイン、キャラクターデザイン、ブランドデザインを担当する部署「クリエイティブセンター」の公式ブログです。21卒の新卒採用はじめます。

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。