見出し画像

チャリティーピンキーリング

もうだいぶ前になるのですが、ツイッターである投稿が流れてきまして。それはそれはキュートかつポップなアクリルピンキーリングの紹介だったのですが、世界の女の子たちを支援すると聞いて私は即ジョイセフのサイトへ。

ジョイセフとは、女性のいのちと健康を守るために活動している日本生まれの国際協力NGOです。

もともとは戦後の母子保健の分野での経験やノウハウを、特に途上国に移転して欲しいとの要望から生まれた団体だそうです。全ての女性において、自らの健康を享受し、尊厳と平等のもとに自己実現できる世界をめざしているとのこと。

特に途上国における女性の尊厳、例えば学校に行けない女の子や望まない妊娠を強いられる女の子たちの役に立てて、かつ可愛いとあれば買うしかないでしょ!というわけで、ジョイセフチャリティーショップからチャリティーピンキーリングの項目へ。

チャリティーピンキーリングの他にも、ホワイトリボン、フェアトレードコーヒーなど、いろいろな支援の方法があります。ジョイセフ×Béttaコラボレーションのエコバッグもすごく可愛いのですが、残念ながら売り切れ。でも売り切れてるってことはそれだけ支援した方がいるってことなので、いいことだよねって思います。

さて、チャリティーピンキーリングですが、種類が豊富!28種類のパターンのリングがあります。どれも二色になっているのは「一色は自分に、もう一色は世界の女の子に」というコンセプトだそう。基本はピンキーリングですが、物によっては11号や13号など大きめのサイズも選べたり。価格はすべて500円で、このうちの200円がジョイセフを通じて世界中の女の子に支援される仕組み。

今回私が買ったのは、ラクトフェリンラボとのコラボ、チャリティーピンキーリング マーブルグリーン×ミルキーピンクの【Milky Dream】、ラメパープル×ミルキーピンクの【Milky Love】のピンキーリングと、

チャリティーピンキーリング ボルドー×グレー【Select~Rights】の13号を。

ラクトフェリンラボコラボでは、妊娠・出産が原因で命を落とす女性たちを救うため、世界中の妊産婦や女の子を支援するために。またチャリティーピンキーリングSecretでは、すべての女の子が、自分の人生を自分で選べますように、という意味が込められています。

実は今回はこのHopeがほしかったのですが、私が買うときは売り切れでした。当面は西日本豪雨被害に合った女の子たちの支援になっているそうです。

寄付や募金って、いざやろうとするとこんな小さな額面でいいのかな…とためらったりすることもあるかと思いますが、チャリティーピンキーリングのように、品物を買ったその中から支援金が送れる、というのはすごく気楽に、誰でも支援できることではないかな、と思います。少しでも多くの女の子が、世界の女の子と繋がったら嬉しいです。

最後までお読み頂き、ありがとうございます♡

***
スキ♡はnoteに登録していなくても押すことができます。励みになりますのでぽちっと押してってくださると嬉しいです🙌✨


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私もスキです♡
8

待鳥

♡|Journal|Diary|Stationery|Goods|Books|etc... |ーーー✈
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。