ワンオペ育児にさようなら!!悩める奥様のためのブラック旦那のトリセツ。

==ご連絡==
①ちゃちゃこさんのスポンサー就任について

9月21日から”ちゃちゃこさん(@shinkontosa)”のスポンサーに就任させていただきました。おかげさまで、10/3 24時までの無料公開期間内に772名のかたに読んでいただけていました。大変ありがとうございます。

価格は310円(さ(3)よならワン(1)オ(0)ぺ育児)です。喫茶店の飲み物一杯分くらいのストレス軽減にはお役に立てると考えています。

今後、いただいた感想や学んだ内容を追記し続けていきます。

また、いただいたお金は手元には残さず、ワンオペ育児の解消にむけて情報発信されるかたへのスポンサー費用等、周りの方へ還元いたします。

=====

このnoteは、一人でも多くの奥様がワンオペ育児からさよならできることを目的として、元ブラック旦那であるぼく(かるぼん@lite_rup)が自身の経験をもとにブラック旦那のとりあつかい方を解説いたします。

このnoteを読んでいただければ、
①ブラック旦那の生態(普段考えていること)
②ブラック旦那に変わってもらう方法
がわかります。

あなたと旦那さんの関係がより良いものとなるきっかけになればこの上ない幸せです。

なお、この”ブラック旦那”という言葉はちゃちゃこさんのブログ(リンク)からいただいております 
⇒9/30 なんとイケハヤさんの考案ワードとのこと!

奥様目線で書かれたブラック旦那への内容であり、ブラック旦那目線であるこのnoteと合わせて読むことで理解が深まりますので、ご一読をおすすめします。


--更新履歴--
 2018.9.18 初版公開(1-3章まで)
 2018.9.24 3-2および3-3を追記、4章を一部新規公開 
 2018.9.26 4-1⑤および4-2を一部新規公開
 2018.9.30 全章公開
 2018.10.4 無料公開終了(有料化)

--------




~~~目次~~~

1.ブラック旦那はこんなに変われる!
2.ぼくがブラック旦那から卒業できたワケとは
3.ブラック旦那の生態??
4.いざ、ブラック旦那に変わってもらおう 

~~~~~~~~~~

1.ブラック旦那はこんなに変われる!

子どもの笑顔はとてもかわいいし、毎日ひとりできることが増えてくる姿をみることは何事にもかえられない幸せなものです。

とはいえ、小さい子、特に幼稚園入園前の子どもがいると毎日めまぐるしく時間がすぎていきます。

そんな中の夫が家事どころか育児すら全くかかわってくれない・・・

おむつ替え、わけがわからないグズリ、授乳、片付いたと思ったら、すぐに掃除、洗濯、料理、落ち着く暇もなく待ちかまえる家事の山・・・

自分の時間がまったくない・・・
このままでは子どもにあたってしまうかもしれない・・・

そしてだんだんと、
『なんでうちの夫はなにも手伝ってくれないの!!なんで私だけがんばらないといけないの!?』と矛先が旦那さんにむかいはじめ・・・

それでも察してくれない夫。

夫婦関係はギクシャクし、疲れはたまるばかり。


話は変わり、2018年9月現在、ぼくは4歳と1歳の娘の父です。

長女が産まれたばかりのときには仕事が忙しいことを言い訳に、育児から家事にいたるまですべて妻にまかせっきりでした。

まさにワンオペ育児を強いるブラック旦那でした・・・

そんなぼくでも時間がたつにつれて積極的に育児参加するように。

具体的には以下のとおりです。
・おむつ代え
・寝かしつけ
・毎日のお風呂
・平日は仕事を早く切り上げて帰る
・毎土日にはこどもを連れ出し遊ぶ
・日常の家事全般(掃除、洗濯etc)

これらすべて自らすすんでやっています。自分でもおどろくほどの変わりようです。

のんきなぼくは、つい最近まで自然に自分が変わったと思い込んでいました。時間がたでば周りの旦那さんたちも勝手に変わるんだろうなーと。

でも、あることがきっかけで思い直すことになりました。ぼくは自然に変わったんじゃないと。


2.ぼくがブラック旦那から卒業できたワケとは

ぼくは読書が好きで、時間があるときは電子書籍やオーディオブックで色々な本を読んだり聞いたりしています。

その日もいつものように子どもが寝た後に本を読み始めたところでした。

その本とは・・・

『影響力の武器』 ロバート・B・チャルディーニ 著  2,700円(税別)

という、アメリカの著名な社会心理学者によって書かれた人間心理に関する本です。

Amazonのレビューで『企業のマーケティングや営業担当者の必読書』と書かれているのを見て購入しました。

さっそく読み始めると、たしかに営業やマーケティングにつかえる心理的なテクニックがたくさん書かれています

例えば有名なものでは、”フット イン ザ ドア”といって、はじめにすごく簡単なお願いを相手に聞いてもらい、少しづつ頼みごとを大きくしていく方法などです。

ただ、進めていくと気になる内容がポロポロでてきました。
ん?これうちの嫁さんも似たようなことやってたかも・・・』。
『あ、これもそうだ。』
『え?これも・・・』
といった具合です。

そして『もしかしてぼくがブラック旦那から卒業できたのは妻が上手に誘導していたからなんじゃないか』と疑問をもつようになりました。

それからというものこの本を何回も何回も読み返し、この疑問は確信に変わりました。妻がぼくを変えたんです

そしてワンオペ育児に悩まされている奥様も、この本を読めばブラック旦那とうまく付き合えるはずだ、もっと多くの人にこの本を読んでもらいたいと思うようになりました。

ただ、この本はかなりぶ厚いので、とてもじゃないですがワンオペ育児中には読みきれないと思います。

そこで、このnoteでは『影響力の武器』の中からエッセンスをぬきだし、『ブラック旦那を変えるために今日から実践できる行動』としてご紹介します。

ちなみに妻はこの本を読んでいないと思います。本をまったく読まないタイプですから。そう信じています。

この続きをみるには

この続き:8,048文字/画像3枚

ワンオペ育児にさようなら!!悩める奥様のためのブラック旦那のトリセツ。

カルボン

310円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16

カルボン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。