トミヤマユキコ「ネオ日本食ノート」20

コンビニドリアのベスト3を考える(風邪ひいてるけど)——「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」のドリア

 サイゼリヤのドリアを全種類食べて「しばらくドリアはいいかな〜」と思った矢先に風邪を引いた。寒気がするし、喉も痛い。なにより頭がぼんやりして、仕事にならない。しかし〆切は容赦なくやってくる。というか、この連載の〆切がすぐそこまで迫っていた。こんな体調で、ネオ日本食の取材に行くとか、絶対無理。これはもう諦めるしかない。担当のKくんごめん。そう思った矢先、サリー・ワイルが体調不良の客にドリアを即興で生み出したエピソードを思い出した。言ってみればドリアは病人食。そしてわたしはいま完全なる病人である。ひょっとしてドリアを食べるベストタイミングなのでは? むしろ、具合が悪い時に美味しいと感じるドリアこそ本物なのでは? 

 ……というわけで、今回はコンビニドリアを3日で7ドリア食べた。全コンビニを制覇するのはさすがにキツいので(病人だし)、みなさんご存じ「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」の3つに絞って調査することにした。

 各店のラインナップは以下のようになっている(価格はすべて税込)。

セブンイレブン
「こんがりチーズの海老ドリア」(430円)
「ミートソースドリア298」(298円)
「とろ〜りチーズソース ハンバーグカレードリア」(498円)

ファミリーマート
「ホワイトソースのチキンドリア」(440円)
「ミートソースドリア」(398円)

ローソン
「えびドリア」(460円)
「ミートソースドリア」(399円)

 なんと、知らないうちにミートソースドリア全盛期が来ていた。ドリアと言えばエビだろうと思っていたが、いつの間にか時代はミートソースだったのである。他店とカブっているのだから、その違いをアピールするのは当然だが、「お肉の美味しさアップ」を押し出すファミマ、「完熟トマトの旨み」が売りのローソンに対して、セブンイレブンの「ミートソースドリア298」とは一体……。298円ですよという、ただそれだけのメッセージ。潔さがハンパない。じゃあ味はどうでもいいのかと思いきや、ごはんは黄色いターメリックライスだし、ミートソースもデミグラスベースで凝っている。凝っているのに、敢えての「298」。かっこいいとしか言いようがない。

(ミートソースドリア298)

 そして、セブンの海老ドリア。一見ただの白いごはんだが、実は海老と一緒に炊き込んである(なのでいい香りがする)。「こんがりチーズの」とか言ってるけど、わたしとしてはごはんを味わって欲しい。

 セブンだけが出しているカレードリアだが、これは限りなくカレーである……。やっぱり、チーズとホワイトソースが米に絡むからこそドリア感が出るのであって、カレーをかけてしまうと、それはもう「カレー的な何か」である。ただ、カレーにハンバーグにチーズソースという組み合わせ自体は「男子の好きなものしか入ってない」という意味で最高であり、育ち盛りのみなさんには是非オススメしたい。

 そして、地味ながらも優等生的な構成で魅せてくれるのがファミマのドリアである。米のアルデンテ感が強く、もぐもぐ食べられるので、「飲み物みたいなドリアはちょっと……腹持ち悪いし……」という方には丁度いいだろう。また、ホワイトソース系ドリアの具としてエビではなくチキンを採用したのがすごく賢い。エビより具のサイズが大きいので「ああ、具だな、具を食べてるな」という満足感があるし、実はけっこういるであろう「エビには興味ないけどドリア食べたい」族のみなさんの受け皿にもなっている。

 ローソンのドリアも、セブンのドリア同様、ターメリックライス(ミートソースドリア)と白ごはん(えびドリア)の2種類があったりするのだが、それよりなにより、焼きムラのなさが印象的である。写真を見てもらえばわかるが、他店のものと比べると、容器のはしっこのほうまで焼けていて、しかもきれいなキツネ色。インスタ映えという意味ではローソンが一歩抜きん出ている。あと、エビがでかい。ほんとにでかいかな? と思ってもう一度セブンの海老ドリアを買ってきて比較したから間違いない。でかいエビを食べたいならローソンだ(ドリアのエビは、ショートケーキのいちごみたいなもんなので、サイズはけっこう大事)。

(ローソンのえびドリア)

 で、これらドリアの中からベスト3を選ぶと以下のようになる。

第3位:ファミリーマート「ホワイトソースのチキンドリア」(440円)
なんといっても具がでかい。どうしても米とソースの往復になってしまうドリアの中で、具にしっかりとアクセントがあるのは、単純にありがたい。
第2位:セブンイレブン「こんがりチーズの海老ドリア」(430円)
……風邪で利かなくなっている鼻でもわかる炊き込みごはんのいい香り(贅沢感)。ホワイトソースがほどよくミルキーで、胃袋をほっとさせてくれる。
第1位:セブンイレブン「ミートソースドリア298」(298円)
わたしとしては、まさかの1位。米部分とソース部分がいい塩梅に融合し、ゆるゆるのテクスチャーとなっているため。どんなに具合が悪くても飲める! しかもミートソースも他店のものより酸味がしっかりしているため、後味がさっぱりしている。

 これは、風邪を引いた個人の感想だ。めちゃくちゃ偏りがある(ローソンファンのみなさんすみません)。それにしてもセブンはすごい。こんなそっけない名前のドリアが一番美味しいなんて、誰が想像するだろう。でも確かに美味しいのだ。みんな風邪を引いたときに食べてみて欲しい。もちろん、元気なときに食べてもいいけど。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

17

リトルモア

トミヤマユキコ「ネオ日本食ノート」

最盛期、年間200食ものパンケーキを食べていた、パンケーキのエヴァンジェリスト・トミヤマユキコさんが、いま注目する食文化「ネオ日本食」。ホットケーキ、ナポリタン、オムライス、焼き餃子、ハムカツ……海外から来たのに日本食としかいいようのない、ガラパゴス的進化を遂げた料理たち。...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。