【ライブキッズあるある中の人 自伝】ただのライブキッズだった僕が、幕張メッセのステージに立つまで。


こんにちは。ライブキッズあるある中の人です。


はじめましての人の為に、自己紹介をしておきます。

ライブによく行く人たち、通称"ライブキッズ"が「あるある!」と共感することを発信している、
Twitterアカウント、『ライブキッズあるある』を管理しております。


僕自身も「ライブキッズ」として、ライブやフェスによく参戦させて頂いております。

また、個人的には、「ライブキッズあるある中の人」(みきくん)として、ライブキッズが楽しめる事に特化したDJ活動も行っており、約3年前から多くのイベントに参加させて頂きました。


僕は今から5年前まで、会社員をしながらライブハウスに通う、1人のライブキッズでした。

そんな僕が、DJとして、COUNT DOWN JAPANのステージに立つまでの人生の全てを詰め込みました。

これは僕の自伝であり、今までの人生の集大成です。

会社員の時の話や、ライブハウスのスタッフ時代の話、さらには、彼女との思い出まで赤裸々に話しています。

ライブキッズあるある中の人の自伝が読めるのはこのnoteだけ。
どんなインタビューよりも濃い内容になっています。

音楽業界を目指している人はもちろん、すべての夢を持っている人に、読んでもらいたいです。

夢を叶えるヒントになれれば幸いです。

▼目次

1.音楽に興味を持つまで
2.バンドをはじめた、そして、浪人
3.人生を変えたイベントSOUND SHOCK
4.自分には音楽しかない
5.心を病んだ社会人
6.退職、ライブハウスのスタッフに
7.「ライブハウスあるある中の人」として活動、出会いや葛藤
8.それから、現在


それでは、一緒に僕の人生を振り返っていきましょう。

※この記事に出てくる、文章、写真に関しては全て転載禁止とさせて頂きます。一部引用する場合、リンク元の表記をお願い致します。


1.音楽に興味を持つまで

中学校までは、普通にヒットチャートを聴いてたんですが、その中でも"なんかいいな"と思うのが、いつもバンドだったんですよね。

当時で言うと、GLAYとかBUMP OF CHICKENとかL'Arc-en-Cielとか、もっと遡ったらウルフルズとか。

そこから、”俺ってバンドサウンドが好きなんや”って気付いて、徐々にバンドを聴くようになりました。


その時はバンドは生で見れるって感覚ではなくて、テレビかCDで聴くって存在でした。


でも、ある時に、友達に「ライブ行こや」って誘われたんです。

この続きをみるには

この続き:11,477文字/画像9枚

【ライブキッズあるある中の人 自伝】ただのライブキッズだった僕が、幕張メッセのステージに立つまで。

ライブキッズあるある中の人

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。