シャドウバース 新カード ウィッチ

10点 
ドローソースとしては破格のコスパ(0コスト9枚までドロー)
対コントロールでは鬼のような性能
ウィッチの構築はまずこのカードを3積みに対コントロールは確実に取れるようにした後早いデッキに対してどれだけ詰められるかになる
ライオとの相性も○
スペブ9は握撃下がり切るのと同じような間隔だと思う

10点
最強の除去スペル
2コスト3点お釣りがついてくる
スペルタイプのデッキに入れてもいいし土タイプのデッキに入れても強い
ロイヤルの邪剣と違い確定なのでストレスも無い
問題は持ってきた土の消化先が全くと行っていいほど無いところ
無いと土はただ手札にあって邪魔なモノとなる
土は追加カードのクレイゴーレム+真理が一番強そうなのがなんとも
グランドスピアで4点
ヴェスパーとこのカードを採用してオリハルコンを採用するのもあり

10点
マナリアを大幅に強化する最強カード
4/3/3で出して強い→才能の開花回収(ディスアドなし)
後半に出して強い→8pp進化 大魔法下げる
このカードの登場によりマナリアは
7t大展開8tパスカル9t大魔法の
フルパワーコンボデッキになりましたGG
マナリアの唯一の弱点フィニッシャーが10tだったことが改善され
不利だったマッチアップ(蝙蝠ヴァンプ)が劇的に改善する
このカード出すならヴァンプにナーフはいりません

8点
3/5疾走が5コストの性能なので2/2の疾走(3コスト性能)が6コストの刃の魔術師よりは若干コスパが悪いカードという感じ
開闢の9コストがこのカードで埋まる(マナリアのアンと混合させなくてよくなる)
スペル軸のミッドレンジ、コントロール、開闢、どれにも採用されそうなカード

10点
スタッツが強い→3/3/3
効果が強い→一枚にスペルブースト3
進化して強い→持ってくるカードはウィンブラの上位互換
スペル軸には3積み必須となるだろう

10点
7ブースト以上で発動可能になる実質テミス(1/7突進必殺攻撃x3)
ポセイドンが処理できる
盤面で押せているときはフォロワーとして使っても強い
このカードの登場により処理できない盤面を叩きつけて勝つことができなくなったので潜伏や直接火力を持たない盤面で戦うデッキはこのカード搭載のスペルウィッチには歯が立たなくなる

3点
3コストになって使いやすくなったジルという感じ
ただしコスパはそんなに良くないのでマナリアのサーチ先を絞ったりする場合は抜けてくるだろう

3点
実験室の代替
3/1は2/2より使いにくいのでおおよそ劣化

0点
うんち

7点
普通に使って3/3/2
真理が手に入るのはアド
現状スペルウィッチに採用できる土の消化先がこれくらいしか無いのでしぶしぶ採用できそう

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

屈辱

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。