自然界は高度なライティングをヘーキな顔してやってきますよ。

順光、逆光を駆使したり
スピードライトで陰影を表現したり、
楽しい反面、奥が深くて理解しにくいのが
「ライティング」

カメラのサイトやテキストを見て
イメージは掴めても、
実践すると「アレ?」な感じになる。

単に場数を踏む=経験値の足りなさだけなんでしょうけど、
それをサーっとやりとけでしまうヤツがいるんです。

それは「自然界」。

計算がー
テクニックがー
てのを嘲笑う様に、
しれっとやってのける。

もう完全敗北。

かないませんって。

もし
自然界が偶然ライティングしてるのに
出くわしたら、
素直に負けを認めてシャッターを切ろうね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ZINE制作に使わせて頂きます! 貯まった額によって紙質も変化します!

感動です!ありがとうございます!
7

ねひら

インスタに立つ前日譚

Instagramにアップロードするまでの、ジタバタ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。