前ボケにするとマクロになっちゃう不思議。

ピントの合う位置を、
写真の真ん中あたりに固定するのが「前ボケ」。

すると、
「全面」と「背面」の両方がボケて
マクロ感たっぷりになる。

撮影にマクロレンズを使ってなくても、
接写のような雰囲気になって
ミニチュアな感じにも見えてくる。

コツとしては
「背面にリアルな大きさのモノが見えない」こと。

逆を言うと
マクロ風にしたくなければ、
奥行きに現実味のある被写体を写して
前ボケだけのフワッとした仕上がりにさせるとよい。

マクロレンズが高くて二の足を踏んでいるアナタ。

標準レンズでも
テクニックでいけますぜ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ZINE制作に使わせて頂きます! 貯まった額によって紙質も変化します!

感動です!ありがとうございます!
3

ねひら

ロケハン馬鹿が写真を語ると、こーなる。

そもそもねぇ…写真ってのはねぇ… なんていう気はサラサラないです。 楽しければいい!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。