自分でショッピングSNSを作った3つの理由

私が作っている #JustBoughtショッピングSNSです。
"ショッピングSNS"は定義が難しい用語かと思いますが、この記事では投稿された写真からショッピングができるSNSと定義します。

ショッピングSNSというジャンルに興味を持ち調べた結果、どのサイトもなんか違うなーとぼんやり思い始めました。文字にすると以下の3点になります。無いなら作ろう。これが開発を始めたきっかけです。

その1:買う側がメインのショッピングSNS

Instagramのショッピング機能でも、写真からのショッピングができます。しかしながら、この機能は売る側の企業しか利用できません。あくまでも売る側の宣伝であり、買う側のレビューやコメントではありません。LINEショッピングも投稿するのは売る側です。
売る側ではなく、買う側がメインとなるショッピングSNSがあるべきではないか。これが私が#JustBoughtを作ったきっかけその1です。

その2:自由に投稿できるショッピングSNS

楽天が提供している「Room」も写真からのショッピングができます。しかしながら、Roomは楽天で売られている商品しか投稿できません。ZOZOTOWNが提供する「WEAR」も投稿される商品は限られます。
どんな商品でも自由に投稿できるショッピングSNSがあるべきではないか。これが私が#JustBoughtを作ったきっかけその2です。
#JustBoughtはオンラインだけなく、リアルなショッピングも投稿の対象としています。

その3:気軽に投稿できるショッピングSNS

TwitterやFacebookに写真と商品リンクを投稿すれば写真からのショッピングができます。それをやっているユーザーはすでにいます。しかしながら、投稿の数が少ない印象を持ちました。
なぜ少ないのでしょうか。
多くのユーザーは、自慢や小遣い稼ぎをしていると思われるリスクを懸念しているのだと思います。
この懸念を払拭し、気軽に投稿できる場所を作るべきだ。そのためには、普段使っているSNSとは別の新しいSNSが必要だと思いました。これが私が#JustBoughtを作ったきっかけその3です。

作ったサイトはこちら↓



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

loopshoot

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。