short stories

18
ノート

時代のはざまで(小説)

濃紺の遮光カーテンは分厚いのに、外の光を受けて透き通っている。淡く、部屋中が青く染まっていて、まるで海の中のようだ。ぴちゅぴちゅと聞こえる鳥の声は幻想的で、私は自分が夢の中に揺蕩っているような気もしていたし、意識は明晰で何のわだかまりもなくまぶたもひらくので、あっと驚くほど美しい目覚めを迎えているのにも気づいていた。でも、すぐに起き上がるのはなぜか悔しくて、もう一度目をつむる。が、二度寝の余地はな

もっとみる

いつか忘れる話(小説)

夫がトイレに行くというので、大型ショッピングモールのレストラン街を時間つぶしになんとなく歩き始めた。抱っこひもで眠る娘の頭ががくんと後ろにのけぞっている。額の寝汗を指でぬぐった。娘がむずがるように言葉にならない声を出す。上下に動かすと首がゆさっゆさっと揺れるのが心地よいのか、また、娘は眠りの世界に落ちて行った。
弾むように歩く。行き交う人を見るともなしに見て、レストランの食品サンプルを見て、また、

もっとみる

千花と夏希(小説)

満員に近い電車から押し出されるようにホームに降り立った瞬間、ねえどこいくの、と声をかけられた。普段だったらそんな声に振り向いたりも立ち止まったりもしない。それでも立ち止まったのは、男の声ではなかったと思うからだ。落ち着いていてかすれているのによく通るきれいな声。わざと行く手を阻むような人の流れと湿度の中で、首をひねる。男か女かわからない中性的で小柄な人物がこちらを見つめて立っていた。まっすぐと、こ

もっとみる

POISON of LOVE(小説)

愛は怖いです。怖すぎます、つーか毒です。これはもう私史上最高の名言ってことにしておいてください。二つ下の後輩が、四個上の先輩と付き合っていて、ああつまり私の二個上の先輩ってことになるんですけど、その彼氏なんてほんとにひどいもんで、スカート履くな、男がいる飲み会はいくら職場の付き合いであっても参加するな、それより俺様に毎晩電話しろ、とか言うんですって。と思えば急にいじいじしだして泣き出して、夜も寝れ

もっとみる

untitled(小説)

築三十八年のアパート、六畳の部屋の畳は色褪せて、うす暗闇の中では全てがモノクロ映画のようだった。片方だけ開けた窓の、アルミサッシに美栄子は腰かけている。あらわになった太ももに食い込む銀色の金属が鈍く光っていた。美栄子の太ももは、爪楊枝で突けばはじけてしまいそうなのに、マシュマロのようにやわらかくもある。彼女の太ももは妖艶で美しい。
「起きてるなら、声かけなよ」
頭上から声が降ってくる。答えないでも

もっとみる

Dear My Sister(小説)

「たぁこちゃん」

 小さな子どもの声というのはとても独特だと思う。休日のショッピングセンターや昼間の公園、そういうところから聞こえる彼らの声は決して私の世界とは交わらないと思える。甲高いとは違う、媚をうる女の声とも違う、滑らかで甘いザラメの付いた飴玉のようで、タマゴボーロのようで、小さなキーホルダーのようで、でもどれでもない、軽やかなひねりを持った声だ。その声に、自分の名前を呼ばれたことにどぎま

もっとみる

50日(小説)

父が触るなと言い続けていた開かずの間も主人がなければただのふすま1枚隔てた押入れである。
長兄は躊躇なく和紙に手を突っ込むようにして強引にふすまを開けた。あっ、と思うが、父の怒声は飛んで来るわけがなく、そこで父の不在を実感する。
長兄はきっと、私の実感など思いもよらない、というか、思いがけない、というか、思い至らないというのか、もし長兄が私の気持ちに気づいたとしても、言葉をうだうだと選んでいるから

もっとみる

あの夜(小説)

「結婚する、ってんなら、俺は男一人の長男だし、向こうは女二人の長女なわけで、どっちかが家に入るとか、いうことになるわけで、そしたらやっぱりうまくいかなくて、それでダメだったとか言われたくないし、たぶん」

角松はそういって両手の人差し指で×印を作って見せた。そうすると隣に座っていて恋愛経験ほぼゼロ、おとぼけ安藤くんが何、どういうこと、というので私は彼の膝をぺちっと叩いて、バカだね、と言う。それでも

もっとみる

どうでもよくない人たちへ(小説)

「まごちゃん、肌すべすべなんだね」
一瞬だけ触れた私の肌について、伊多波(いたば)さんはそう評した。車に乗る瞬間、二人のタイミングが合い、座席と座席の真ん中に偏った腕が触れた、その短い間で彼はそう言ったのだから、侮れない。私はふざけて、
「じゃあ触ってみますか」
と言ったら、伊多波さんは素直に腕を伸ばしてきて私の二の腕を柔らかくもむ。以前、平熱が高いのだと言っていた彼の手のひらは温かく、眠いときの

もっとみる

ひとなつ(小説)

少し寝汗をかいていて、目を覚ましたらもう昼過ぎだった。とはいえ、縁側に面している障子を全て締め切ってしまうと薄暗いこの部屋にいれば、今が朝なのか昼なのか、夕方なのかよくわからない。時計さえもない。昼過ぎだと思ったのは、蝉がじいじいとせわしなく鳴いているし、なんとなく部屋が暑くなっていたからだ。
ゆっくり起き上がり、はだけていた寝巻の裾を直した。浴衣を着て寝るのなんて、こんな田舎だけだと思う。枕元に

もっとみる