片木 美穂

2004年卵巣がんと告知され治療を受けました。2006年9月から2019年3月まで「卵巣がん体験者の会スマイリー」の代表として患者支援をしてきました。自身が別の病気を発症したのを機にがん患者支援のあり方など見直してみたく現在フリーで患者支援活動を行いながら人間活動中。

丸山ワクチンは本人同意不要なの?

はじめに(必ずご確認ください)

丸山ワクチンは卵巣がんには未承認です。
現在治験として提供されていますがその有効性や安全性に関しては明らかになっていません。
私自身は丸山ワクチンを勧めることは絶対ありません。
(たぶん他のがんに関しても現状は卵巣がんと同様と思います。)

スポーツ新聞に丸山ワクチンに関するニュース

デイリースポーツに「大腸がん闘病中の大島康徳氏 丸山ワクチンを入手「あとは私の

もっとみる

卵巣がんになったら「減量」が必要ですか?

主治医から減量をいわれました

卵巣がん治療後に少し体重が増えてしまったという患者さん。
主治医から「減量」するように言われたそうです。
「減量」といわれても運動習慣がある人ばかりではないし、食事はおいしく食べたい、スイーツを食べない生活なんてありえない、空腹は辛い・・・なかなか難しいですよね。
「納得がいかねば減量する気なんて起きない。」
そのとおりだと思います。

卵巣がんの原因のひとつに「肥

もっとみる

「あなたのがんは治らない」といわれました

がん治療に関する「目標」「目的」のすれ違い

がん患者さんは手術をするなら「がんを取りきってもらいたい」と願い、抗がん剤治療をするのであれば「これでがんを根治したい」と願う方が多いと思います。
それは人として当然の願いです。

卵巣がんは婦人科がんのなかで最も抗がん剤の感受性が良いがんと言われています。
(参考)がん研究会有明病院 がんに関する情報 卵巣がんの治療
初回化学療法は「がんを根治する」

もっとみる

卵巣がんかもしれないと言われ不安です

卵巣がんかもしれないと言われた

少し体調が良くなく病院でCTを撮ったら卵巣が大きくなっており「卵巣がんのかもしれないので婦人科を受診するように言われた」。
腹痛があり内科を受診したところ「卵巣が痛みの原因かもしれない、卵巣がんかもしれないと言われ婦人科を受診することになった」。

「卵巣がんかもしれない」「卵巣がんの可能性がある」といわれたら驚きますよね。
そしてインターネットや書籍で卵巣がんに

もっとみる

抗がん剤治療時のウィッグについて

がん治療中に相談できる美容院があれば

卵巣がん治療に用いる抗がん剤には副作用で「脱毛」が起きる治療薬があります。
ウィッグを検討してもどれが良いのかわかりづらい、人目の多い美容院では相談しづらいといった声もよく聞きます。

抗がん剤治療後に髪の毛が生えてきても、なぜか部分ごとに生えてくる速度がまばらだったり、毛量が治療前と違う、癖が強い髪の毛が生えてきてどうケアしていいのかわからないなどという相

もっとみる
スキボタン押してくださりありがとうございます!
3

5月8日は世界卵巣がんデーです

2013年5月8日からスタート!

世界卵巣がんデー(World Ovarian Cancer Day)をご存知ですか?
世界卵巣がんデーは毎年5月8日です。
この日は卵巣がんのシンボルカラーの青緑(ティール)色のアイテムの写真と一緒に卵巣がんの正確な情報を提供したり、卵巣がんと向き合っている患者さん、患者さんを支える家族や医療者を応援してください。

世界卵巣がんデーには2013年5月8日の第1

もっとみる
スキボタン押してくださりありがとうございます!
9