ロストハウス

まるで詩や小説のようにも見えますが、詩や小説にはなっていない何かの断片をあつめて行きます。

劇場 第三稿

劇場の観客席にはさまざまな人種が集まっていましたが、その日はなかでも注連縄人たちの姿が目立ちました。  彼らはそのねじれた手足を地球製の小さな椅子に押し込めて、...

劇場 第二稿

劇場の観客席にはさまざまな人種が集っていたが、その日はなかでも注連縄人たちの姿が目立った。  彼らはねじれた手足を地球製の小さな椅子に押し込めて、同郷のスターで...

劇場

開演時刻の十六時が迫ると、劇場にはあらゆる人種が集まってくる。しかし地球の人間は、このなかでおそらく私ひとりだった。  敗戦が決定的になってから、地球人はほぼす...

入口

女のような顔をしたその男の睫毛は長く、指は短い。  男はその短い指で、ケースから器用に煙草を取り出して火を着ける。  男の指は十本とも、第一関節から先を切り取られ...

国防軍パブ

待ち合わせに指定された場所は、池袋の国防軍パブだった。  新宿の軍パブには何度か行ったことがあるが、池袋のその店は初めてだ。  東京の中に入れ子状に存在する地方都...

ドリームハイツ(15)

再帰するサスペンス。これは神話である。人物は皆ひかりを浴びて佇んでいて、ねこは炬燵でまるくなる。大通りには黄色いくるましか走れない。下水道の安寧秩序。律法は忘れ...