【胡乱夢日記】20171118 サワタリ=サンが入院するおはなし

 胡乱電子飲み会で話したらなぜかウケて「それもっと詳しく」とリクエストがあった話。まあ夢なんだけど。正直、腹抱えて笑った。脳のどこからこんなトンチキエピソードが生成されるんだろうか?

◆◆◆◆◆◆◆◆
サワタリが突然うめき声をあげて地面に蹲り、血を吐いて気を失ってしまった。不思議なことに、竹槍を取り落とす感触がこちらの手にもはっきり伝わってきた。彼はどう見ても手術が必要と診断され、応急的な手術を受けた後に本番を待っているところで、翌日の入院に備えてどこかのホテルに泊まっている。
朝焼けの中、サワタリがいるであろう建物に向かって京都じみた石段を駆け上がっていくと、蓋つきゴミ箱の上にスイートコーンの箱があり、1個抜いた形跡があったが他の5個は手つかずで残っていたのでラッキー!と思って持って行った。朝焼けと早朝のひんやりした空気の描写が印象的だったせいか、ヘッズの実況が「ナムの朝は早い」で埋め尽くされていて笑った。これは流行ると思う。
ホテルらしき場所へ入ると、なぜかナンシー=サンがそばについていて、スイートコーン缶を食べさせるなどしていた。(これさっきのスイートコーンじゃん?と気付いて、パクったことがちょっと申し訳なくなった)
いつの間にヨメになったのか?と驚いたが、どうやら何かの仕事でサバジョとフジキド側が協力しているらしく、その伝手でホテルや病院を手配することができたようだ。サワタリも豊満に浮かれるなどは一切なく、落ち着いた声で真面目な話をしていた。なお、この世界はマッポーではなく空気はきれいだし普通に暮らせる。窓からの眺めも東京とさほど変わりはない。
サワタリはかっこいいが表の世界ではお尋ね者なので、普通の病院に行くとすぐさまヨロシサン製薬のバイオニンジャとかが来てイクサになってしまうのだ。そこをナンシー=サンがなんとかどうにかしてくれた。有能!
(そういえば、サワタリは内臓が左右逆のはずだが、医者が困惑しなかったんだろうか。手術めんどくさそう。タノシイですね)
ーーーーーーーーー
麻酔から醒めたサワタリは「大丈夫だ、歩いて帰る」「もう治った」などの欺瞞の数々を口にするが、医者とナンシーに「何言ってるんですか!胃に穴があきまくってて死ぬところだったんですよ」「1週間は安静にしてなきゃダメね」と叱られて、おとなしく横になっていた。
後ろで医療スタッフが「開けてみたら思っていた以上にひどかった(会話の詳細なログが残っているが、ゴア表現が多いため略)。よく生きてましたね」と呆れつつもホッとしていた。
それを(おそらくニンジャ聴力で)聞いたサワタリは「えっそんなに危険だったの……」と驚いた顔をしてようやく重篤さに気づいたようだった。いかにニンジャ耐久力があるといえども、そんなすぐに治るはずがないのだ。サバジョのメンバーはみんなこのように無理をするから困る。
ーーーーーーーーー
初めは目をギラつかせて脱走の機会をうかがっていたサワタリだが、治るまでどうせ病院から出してもらえないので、敵が襲ってこないこの機会によく寝てタンパク質を摂り栄養をつけることに決めたようだ。
傷口は糸でしっかり縫合されている。ナンシーが「お医者さんがいいって言う前に自分でほどいちゃダメよ」と釘を刺す。言っておかないと本当にやりそうだからだ。なまじ医療の心得があるからDIYで済ませようとするんだろう。
実況は「#大将寝ろ」のタグで埋まるだろうと予想したし、当たっていると思う。
ベッドサイドには木製のキャビネットがあり、洗濯係の陽気そうなおばさんがその上に迷彩服を置いていった。洗ってくれたんですね。よかったねえ。編笠もちゃんとコート掛けの釘にかけてあった。スタッフのノリが全体的にアメリカンな雰囲気だが、ここは日本だ。
(原作でも病院はアメリカンなのでは?たぶん悪い意味で…)
ーーーーーーーーー
サワタリはベッドに寝ていたが、その姿勢が辛かったらしく、人に頼んで床の布団に降ろしてもらっていた。床にはバラ模様のボアが敷いてあり、ベッドよりずっと楽そうだ。彼は「個室をとってよかった」と考えていたが、用意したのはナンシー=サンである。
そして食事の時間になり、プラスチック製の四角い折り畳みチャブに皿が並べられた。そこにはなんだかとても高級そうな肉が3種類も乗っている。実際高級で、口に入れた瞬間に溶けて跡形もなくなる。
サワタリはそれをフォークでつつきながら「こんなに高級な物を食べていいのだろうか…」と恐縮していた。
そして自分たちの普段の生活を思い、高級肉との落差に悲しくなったのか、チャブに突っ伏して涙を流した。
なんかもう貧乏が板についたカマボコになってる感じがアワレすぎる。たぶん研究員やってた頃からこんないい肉を食べたことがないのだろう。
ーーーーーーーーー
手術の前、ストレッチャーの上で待つ彼に、見知らぬ少女が「緊張してるでしょう、大丈夫よ」と安心させるような言葉をかけている。サワタリはずっとスマッホを持ってアニメの自分が出てくる回の実況まとめを見ている。
手術の前には7話、術後は8話を読んでいたが、無理して画面を見続けたせいかまた血を吐いて痙攣していた。アホだと思った。

◆感想◆
・あのサワタリ=サンにも麻酔が効くという衝撃の事実。まあショーユもヒットしてたもんね。
・挿管されてるのを見て「あ、ニンジャも酸素ないと死ぬんだ」とわかり、またひとつかしこくなった気分だ
・この人、絶対に抜糸の日が来る前に自分で抜くよな
・ナンシー=サンがヨメというよりはフジキドのパートナーやってるときのノリだったので青少年のなんかが守られてて安心しました
・こんな夢を週1ペースで見たいです


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

烏賊の可能性<ニ°ΞΞΞ <ニ°ΞΞΞ <ニ°ΞΞΞ
1

トラ猫

胡乱夢日記

忍殺に関する胡乱な夢を見たらここに記録していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。