自作キュポのキャラクターについて 3.キャラクター紹介:スー

前回に引き続き、各キャラ紹介第2回、今回はスーについての紹介です。本文は以下から。

スーは妖精の少女。年齢は人間でいうと16〜17歳くらい。身長はやや高め。名前は彼女の種族名「スプリート」から。

容姿

人間モード。背中の羽は普段はリボンという形で収納されている。強力な魔法を使う時は羽を広げる。ちなみにこの羽は空を飛ぶためのものではなく、魔力の貯蔵庫として存在する。羽の目玉模様は催眠術を使って相手を操ったり眠らせたりする時に光るのだが、スーは滅多に使おうとしない。手首のリボンは彼女の武器(後述)を変型させて持ち歩いているものである。

胸元のリボンは大切な人にもらった宝物。中央の宝石は「ミラージュエル」と呼ばれるもので、バリアー技に反射効果を付加する。

半獣モード。ケモ耳としっぽが追加された。この姿でも羽は収納可能である。

本来の姿。おでこのてっぺんからかかとまで1mちょっと。胸元のリボンと手首のリボンは装備として分ける必要があるため、本来の姿でも見える状態になっている。

「武器」について

スーがとある放浪天使に頼んで作ってもらったもの。スー自身の魂の欠片が埋め込まれているロッドゆえ、ソウルロッドと呼ばれる。魂の欠片が埋め込まれているため体の一部のように扱うことができ、普通の武器に比べて効率よくエネルギーを増幅し、高火力の攻撃を打ち出せる。

物理攻撃特化の形態は後から習得したもの。スーの父親が剣使いである故か、剣のような形となった。
ソウルロッドは便利な武器である一方、使用者が頼りないとロッドが意思を持って勝手に動き始め、使用者はエネルギー源としてロッドに使われてしまうという危険な面もあり、そのため本来は禁断の武器とされている。スーもこのことを知っており、ロッドの正体は信頼できる親しい人にしか明かしていない。


人物

陽気でいたずら好きな性格。人が何をしていようが御構い無しに自分の好きなように振る舞う(ただし最低限の配慮はする)。いたずら好きとは言うものの、標的にするのは自分の気に入った相手のみである。逆に言えば、いたずらをされるようになったらスーに気に入られたということでもある。
妖精に典型的な、大の甘いもの好き。この世界の妖精は魔力を消費しても休めば回復するが、糖分を取り込むと回復が早まるため、一般的に甘い食べ物を好む。特にスーは魔法をガンガン使うため、しょっちゅうお菓子を食べている。
剣使いである父親やロッドを作ってもらった放浪天使に憧れてもっと強くなりたいと思い、日々特訓している。強くなりたいという思いは、単純な強さへの憧れと同時に守るべきものを自分の力で守りたいという思いからくるものでもあり、自分の大切なものは自分が傷ついてでもなんとしてでも守ろうとする。時には無茶をすることもあり、ヒノやニトから心配されることもしばしば。
とある経緯から家出をし、あちこちを放浪した後に現在住んでいる場所に行き着いた。そのためサバイバルスキルは豊富。また、放浪中の出来事から一時期男性に対して異常なまでに警戒心を抱いていた。現在では男性とも普通に接するものの、危害を加えようとしてきた場合は女性相手以上に容赦ない攻撃を仕掛ける。
男っぽい言動をするが、それは上記のことから男に負けたくない、弱気に見られたくない、という思いからくるものである。強くありたいと思う一方で、強い誰かに守ってもらいたい、誰かに甘えたい、という思いを心の奥に抱いている。


戦闘スペック

種族の特徴としては低めの攻撃力と素早さ、高い耐久力。長期戦向きである。これらの特徴から本来催眠術などの補助系の技を使いながら少しずつ相手の体力を削る戦い方をする種族なのだが、スーはそれをよしとせず、高火力で攻める戦い方を望んだ。そのために低い攻撃力を補うのが、エネルギーを増幅し、高火力で打ち出すソウルロッドである。
ソウルロッドにより強力な光属性の技が使えるようになった。基本的には強い技で攻撃しつつ、バリアーや瞬間移動で危険な場面をしのぐ戦い方をする。普段の戦いでは使わないようにしているが、危険な相手と相対する時は回復魔法も使う。


というわけで、キャラクター紹介第2回、スーについての説明でした。ヒノ以上に色々と設定を詰め込んでいるおかげで凄い長文になってしまいました^^;
容姿についてちょっとした裏話をば。最初は髪型をポニテにする予定だったのですが、額の目玉模様どうしようか→帽子にすればいいんじゃない?→ポニテに帽子は無理がありそう、ということで現在のような長髪になりました。今思えば、ポニテにしていたらまどマギの杏子とかぶるところでした。帽子を被せることになったところで、半獣モードのケモ耳をどうしようかと考えた結果、帽子の邪魔にならないように垂れ耳にすることに。
ついでにソウルロッドのデザインについて。妖精の持つ武器ということで、スタイリッシュな感じよりは、どちらかといえば安直というか子供向けアニメにありそうな感じをイメージしました。ラケットみたいな形なのは、考えていた時期に自分がテニス部だったからです。形はテニスというよりはバドミントンですが^^;
正直まだ語り足りない部分は色々とあるのですが、キリがないので今回はこの辺で。読んでいただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

きつねこ

自作キュポのキャラクター説明

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。