伊丹「フランドルの鐘」について毎日新聞に取り上げていただきました

9月24日付の毎日新聞にて伊丹「フランドルの鐘」について取り上げていただきました。ベルギー大使館のFacebookでも記事について取り上げられています。
https://mainichi.jp/articles/20180924/ddl/k28/040/225000c
記事中の11月9日の「フランドルの鐘」記念日演奏会に出演します。

今回は「ブランル」と呼ばれる舞曲を中心にしたプログラムを検討中です。
この「ブランル」、ステップは結構簡単なので、もし良かったら演奏に合わせて踊っていただいてもいいかも知れません。踊れるスペースが十分にあるのが、この楽器の良いところでもあります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

カリヨン奏者は塔の中

Carillonという、教会の塔についていてメロディを奏でる鐘の演奏をしています。持ち運びの出来ない楽器なので、自分で塔に出向きます。

コメント1件

あっ。地元のカリヨンだ。
noteに奏者の方のアカウントがあるなんて感激です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。