高級革靴の宝庫! KOMEHYO(コメ兵)新宿ANNEX店に乗り込んだ【入店レポ】

※こちらのリンクで、随時リライトした最新版をお読みいただけます(12/10)※

・・・

・・・

革靴が大好きな人たちの間では、「マイサイズ」という言葉があります。

革靴は各社、各ラインによって木型の作りが異なります。

なので、ヤフオクやメルカリを日々チェックしている好事家たちは、欲しい靴の自分にフィットするサイズを心得ているんですね。

(用法:「あ、ついに●●のマイサイズが格安で出てきた!」)

ーーー

私は、ネットで革靴を買ったことが今のところありません。

理由は「実際に履いてみて、サイズやフィット感を確かめたいから」です。

なので、中古靴店をたくさんまわり、

ビビっと来たものには足を通し、最悪無かった時は色違いやデザイン違いでもサイズ感だけは理解しておこうと思っていました。

すると、

なんと!! コメ兵執行役員の藤原さんからお誘いが!! 

今回は実際に「コメ兵新宿ANNEX店」さんに行ったレポート記事になります。写真撮影の許可もありがとうございます。


■■コメ兵新宿ANNEX店さんとは

9月某日。雨したたるなか、仕事終わりの20時半、お邪魔しました。

そもそも、新宿三丁目近くに別の「新宿店」もあるので気を付けて下さい。

ANNEX店は新宿駅東口から出て、アルタ横を左折。小道を入り、2分ほど歩くと見えてきます。近くにアニメイトやバーニーズNYがあります。

お目当ての紳士革靴コーナー4階にございます。さあ、見ていきましょう。


■■店内の様子

■大手ブランドが目白押し

「いらっしゃいませ、どうぞ見て行ってください。」

4階に付くとスタッフの方にこう言われて、カメラを取り出しました。


右も左も靴、靴、靴ッッ!!!

まず目に入ってきたのは、オールデン! ぽってりとした形と、滲み出る堅牢さが堪りません。

おいおい、目が追い付かねえ…!! 軽く100足はあるんじゃないでしょうか?

このオールデン以外に、ジョンロブ、JMウェストン、ベルルッティ…がっつり大手ブランドが網羅されています。

このトリッカーズとか、よだれ出そうだったわ。

導線として、こちらで検索されてから来店するお客さんも居そう。


■プロの靴磨き職人さんによるハイシャイン

入り口「すげぇホールカットがある…」と思っていたら、「撮りますか?」と向かいから声が。

ANNEX店さんには靴磨き職人がいらっしゃって、買った商品や持ってきた革靴を磨いてくれます。

さっきの写真で気づいた人もいると思いますが、店舗にある靴はどれもハイシャインが決まっているでしょう? 

どれも彼らによるものです。

▲ANNEX店でも指折りの職人、大平雄太さん

ちくしょう、中古靴を試しにきたのに靴磨きの話をしたくてたまらない!! 

大平さんやスタッフの方には、「今度また改めて来店します」と誓うのでした。


■■実際に試してみた

見てください、この顔。

仕事終わりの私にもエネルギーが満ちているでしょう。靴は生命力なのです。

そんな私が今回、気になったのはこれ!

手前にあるブラウンのエドワードグリーンです。

サイズは想定していた「7」、つまりマイサイズなので、履かせていただきます。

これまでエドワードグリーンを履いたことがなかったので、どきどき。

うおーーー!!! 

履き口の適度な絞り、踵の抜けなさ、甲の押さえ具合が最高です!!!

秋服に合わせると最高だな。。と考えている顔です。悪い顔です。

(この後、お店を10分程度うろうろさせてもらいましたw)


■■まとめ:店舗ならではの良さを味わおう

中古靴は、やはり履いてみてマイサイズが分かると体感しました。

「もし靴下を厚くしたら? このボトムスと合わせるとしたら?」という妄想も、現物があれば捗ります。

また、ネットで見かけた革靴を実際店舗に来て、状態をチェックするのは良い買い物の仕方かと思います。

コメ兵新宿ANNEX店さんでは、新品で買うと10万-20万する革靴のなかでも、4-10万ほどで提供されているものがたくさんあります。

好きな革靴ブランドを見に来るも良し、ただ物欲を刺激しにいくのも良し、靴磨きされに来るのも良し。

ぜひ革靴好きの皆さん、中古靴を買ったことのない皆さん、同店見て行ってくださいね!

ーーー


革靴大好きなWebのマーケター、こひ先生です。企業の方も個人の方も、どしどしご連絡ください。取材させていただきたいです。

革はこうして甦る。「#中古靴を買って磨く会」とは?

これが私の複業履歴。今まで靴磨きした業界人、企業まとめ!【18/07時点】

靴磨きオフ会に参加したら、ファンしかいない最高の天国だった。

なぜ私が職場で「靴磨き」をするようになったか:ライフワークに走るコツ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしてくれた方、いつでも靴を磨かれに来てください。

20

小東真人(こひ) @靴磨くマーケター

■本業:100万PVメディア「ソーシャルメディアラボ(https://gaiax-socialmedialab.jp/ )」編集長 / BtoBマーケター ■複業:革靴人口を増やすメディア「フルブローグ(https://fullbrogue.jp/ )」管理人 / 革靴伝道師

革靴と靴磨き

【要注意】革靴や靴磨きに対する偏愛をひたすら語ります。フェチズムが駄々洩れ。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。