エストニア滞在日記 華金

10日目。朝会で健勇からメディアの開発進捗の報告があった。ローンチが間も無くとのこと。会社としてメディアをメインにする予定はないけど、これでようやくアウトプットの場と他社に見せられるものができる。楽しみ。

朝会後はマンスリーレポートの続きに取り掛かった。イスラム金融の話とか知らないことが多くて調べるの大変だったけど、国や宗教によってお金の捉え方が違うことが改めてわかった。この業界に入ってからこうやっていろんな角度でお金について考えることが増えたな。お金って日常的すぎて何も考えない人がほとんどだろうけど暮らしのレベルを上げる為にも一度は真剣に考えるべき。そんなことを思いながらイスラム金融について書き上げた。

毎週金曜の仕事終わりはみんなで美味しいものを食べに出かける外食DAY。この日は旧市街地をふらふらして見つけたインド料理屋に入った。カレーが最高に美味しい。エストニアに来てから薄口のものばかり食べてたから余計に美味しく感じた。やっぱり濃口派。どういう話の流れだったか食事中マジックザギャザリングの話になり、食べた後近くのおもちゃ屋に行くことになった。初めて見る英字のカードゲームはたくさんあったが結局見つからず、健勇が「探して絶対買う」と言い張っていた。一度と決めたらそれをするまで聞かない男なのだ。一旦帰宅。

部屋に戻ってからは哲誠と「華金、飲み足りんくない?」と無言のコミュニケーションを取り、二人で再び街にくりだすことにした。家から歩いてすぐのところにクラブがあり、向かうと建物の前には若者の人集りができていた。やはり華金のナイトフィーバーは世界共通なのか、と感心しながら、並ぶのは辞めて近くの怪しいガールズバーらしい店へ。

中に入ると華金というのにお客さんで賑わっている様子はなく、暗がりの中で立ち並ぶ銀色のポールばかりが目立っていた。席に案内され飲み物を注文すると、セクシーな衣装をまとった女性たちが隣に付き、「Where are you from?」と外見から真っ先に思いつくであろう質問をしてきた。僕も拙い英語で回答し、その後もなんとか会話を続けた。そういえば、僕がエストニアに来て初めて英語で話したのはこの時だ。

気づけば目の前はロシア人美女たちで溢れていた。エストニアの夜のお店ではロシアから出稼ぎに来ている人が多く、現地の人の割合は比較的少ないらしい。女性の中でエストニア人は僕の隣に付いた学生の子一人だけだった。そんな社会事情も聞きながら、キャストが続々とアジア人二人の席に集まり、彼女たちにドリンクをたかられる。ついには何をするのかもわからないSexy Showを勧められるがままに承諾し、専用の個室へ案内された。

個室に入って始まったのはレズビアンショーのようなものだった。爆音のクラブミュージックの中、怪しいネオンの光が女性たちの身体の妖艶さを際立たせている。密着されることもあったが、僕も哲誠もいまいちどのような反応をして良いのか勝手がわからず、ただ目の前で繰り広げられるショーを見入っていた。女性同士がお尻を叩き合い「フォー」と声をあげたりとよくわからぬ世界観が妙に面白かった。

ショーが終わると女性たちが「オーマイガー!」と口にしていた。おそらく僕らの盛り上がり方が足りなかったのだろう。性的な興奮というよりは普通に楽しかった。期待に応えられず若干の申し訳なさを感じるとともに、他の人はどうやってあのショーを楽しむのだろうと気になった。席に戻る頃には僕らはベロベロで、ママさんと思われる人が「drink for everyone!」とさらに集ってきた。このままではキリがないと哲誠が帰宅を決断。「チェック、プリーズ!」

…請求額を見て驚愕した。何がdrink for everyoneや。not for everyoneやわ。でも楽しかったから良っか。隣に付いてくれたパツキン美女可愛かった。帰路の記憶はないが部屋に戻り就寝。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

MasamichiM

マネックスグループ ゼロ室
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。