noteを書いてたら夢がひとつ叶った話

noteにイラストや漫画など投稿し続けてたら「電子書籍の表紙を作成してくれませんか?」という依頼をいただいた。


昨日も書いたけど、作らせていただいた表紙はこちら。


noteを初めてから1年4ヶ月ほど経つ。趣味みたいなものになってて楽しい。noteに書いているようなことが仕事になったらいいのにな〜…と、よく思っていた。



「すきなことが仕事になったらいいな」「すきなことをしてお金を得たい」この気持ちは高校生の頃からあった。
卒業間近になって、次の進路を決める時「仕事って1日の大半を占めている。ならばすきなことを仕事にした方がよさそうじゃないの!」そう思い、憧れていた。
その時の好きなことは絵やイラスト、漫画だった。雑誌の、デザインがかっこいいページを切って部屋中に貼ったり、CDのジャケットを見るのも好きだった。好きなジャンルがそーゆう世界だった。今も全然変わっていない。

漠然と憧れてるだけで、次の進路どうしよう!と焦ってもいなかった。
どの学校に行きたいとも言い出さず、ハッキリしない私を見て父が「お前さ、絵すきみたいだから、絵やれば?」と言ってくれた。

私はこの言葉がむちゃくちゃ嬉しかった。今も何度も思い出すけど、とても嬉しくてありがたい言葉だ。

先日、どうしてそう言ってくれたのか?と父に聞いたら
「絵が仕事になるとか俺はよくわかんなかったんだけど、好きなことがあるんだったら、とりあえずソレやってみたらいいんじゃない?って思ったんだよ。まずやってみなきゃわかんないじゃん。そこから何か見えてくるものがあるのかもしれないし」

専門学校へ入って、イラストレーション科ではなく、グラフィックデザイン科を選んだ。
高校の時の美術の先生に「イラスト科はイラストしか勉強しないから、グラフィックデザインの方が、幅広く学べるよ」と教えてくれた。(今の学校はどうなのかわからないけど)
当時iMacがまだ出てない時代かな?デザインも好きで興味があるし、迷わずグラフィックデザイン科を選んだ。学校での課題は楽しかった。タイポグラフィの授業が一番楽しかった。

卒業して就職して、退職して、無職になって、アルバイトをして、また就職して、結婚して、いま。

この道のりの中で、イラストを描いて仕事した経験は一度もなかった。
ハタチくらいの時に出版社数社にイラストを送りつけたり、雑誌に送ったりした。とりあえず見てもらえばいいのかな?と。
一度直筆で編集長から「素敵なイラストありがとう!また送ってくださいね」と、ハガキが届いた。とっても嬉しかった。たしか高校生の頃。その雑誌の、イラスト募集コーナーに送ったと思う。掲載されることはなかったけど、そのお返事のハガキは宝物のように大事にしまっていた。


働いているときも、子供を産んでからも、
あんた描かなくていの?イラストで仕事してみたいって思ってるんでしょ?それやんなくていいの?思いつくこと全部やったのか?
というささやきがずーーーーーーーーっとあった。

かといって、自信があるわけでもなく、売り込みに行くような気合いもない。こだわってることって、ちょっと繊細になってしまう。もし〇〇だったらどうしよう…。後ろ向きな妄想。つまりびびってんだよ。


描いたものを載せるため、facebookやインスタやTwitterやブログなど、どれもやってみたけど、どれも続かない。何を載せたらいいのかもわからなくなっていた。得意なもの?やってみたい仕事のタッチ?伝えたいこと?あれ?なんのためにやってるんだったかな?
一人で悶々とし、モチベーションは下がるばかりだった。


そんなとき、最近はnoteってあるらしいと知った。なんかよくわかんないんだけど気になる状態が続いた。
私はこの「なんかよくわかんないんだけど」って理屈では説明できない、「なんか気になる」とか「なんかそう思うんだよね」「なんか引っかかるんだよね」を大事にしたいと思ってる。

実際にnoteを始めてみたら楽しかった。唯一続いている。

私の漫画やイラスト達の置き場所をやっと見つけた感覚になった。

「みんなのフォトギャラリー」ってあるんだ。仕事ではないけど、わたしのところだけにイラストが居続けないで、誰かのお役に立てたら嬉しいな。と載せていた。
人体を描くのは苦手だし、イラストに自信があるわけでもない。でも、書いた記事に使ってくれる方がいるんだ、と嬉しかった。過去に描いたやつを載せ続けた。頻繁にではないけど。

描いたものの置き場所を見つけた感覚になって、すこし満足していた。

すこし満たされて、イラストで仕事をしてみたいぃ!1回でもいいからぁ!と、執着のようなものが、ちょっとだけ薄れたのかもしれない。


イラストを描いて仕事もいいけど、本の表紙や、CDジャケットを作ってみたいな〜と思うことも何度かあった。


電子書籍表紙の依頼のメールをいただいたときは驚いた。

マガジンの イラスト や イメージの可視化 を見ていただけたみたい。

表紙全体を作らせていただいた。
私は、イラストだけではなく「表紙全体」と聞いて、そっちの方がやってみたい!と思った。
文字はどおする?大きさは?どんな雰囲気にする?本の内容に合ってる?そういうのを考えるのが楽しい。書体を見てるとワクワクする。

かといって、実際書籍の表紙を作るのは初挑戦だし、めちゃくちゃ緊張してしまい、アイデアは浮かばないし、最初全然描けなかったけど、「自分の感性を信じてください」と言っていただけて、とてもありがたかった…。その言葉に背中を押されて、机にかじりつくのではなく、自分の感覚を取り戻すため、音楽を沢山聴いた。音楽を聴いてるとイメージが湧きやすい。ちょうど、ライブに行く予定もあったから、これもタイミングだ!と張り切って行ってきた。



発売日当日、発売になりましたよ!と連絡をいただき、
Amazonの画面を見たときは、震えるように泣いてしまった。

自分の中の自分がぶるぶる震えて涙がだーだー出てきた。

子供の頃の私に「やりたかったことで仕事できたよ。その経験ができるよ」と言ってあげたい。高校生の頃だと、もう20年前か。

色んな葛藤のなか「これを続けてどうなるかわからないけど、楽しいからやりたいんだ」っていう自分の声に逆らわないで、続けて良かった。

noteを書いてるときも「それやってどおなるんですか?」と、もう一人の自分からの冷たい問いかけがしょっちゅうあったけど、「おだまり」とねじ伏せていた。

noteを通して夢が一つ叶った。
全ての出会いにありがとう。


この気持ち忘れたくない。



このノートが参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

描けるのは日常があるおかげだと思っています。いただいたサポートは、身近な大切な人へプレゼントを贈ることに使わせていただきたいと思います。

ありがとうございます!イイ1日を
275

miho

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
2つのマガジンに含まれています

コメント12件

おめでとうございます!
夢が叶うのって嬉しいですよね。
mihoさんのこのnoteに希望をもらったクリエイターもいると思います。
おめでとうございます。
mihoさんのイラストはすごく素敵なので何度も使わせていただいています。
ありがとうございます。
どんな方がこのイラストを描かれているんだろうと思っていたのでmihoさんのこれまでや、お人柄を知れるお声が聞けてとても嬉しかったです。
吉玉サキさん
ありがとうございます。
以前吉玉さんの、毎日noteを書いてたらメディアで連載できた話の記事を読んで「すごい!こんなことがあるんだ…」と、印象に残っていました。嬉しく思いましたし、希望にもなっていました。私もやり続けようと。ありがとうございます。
本の発売日近いですね。おめでとうございます!
椿さん
そんな風に言ってもらえて…こちらこそ嬉しいです。イラストも使っていただけて嬉しいです。ありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。