最高の終わりを迎えたい。

年度が変わる時期に差し掛かり、仕事でもプライベートでも環境の変化が増える時期になりました。
その人の結果と言うかやってきた事の結果って、
最後にやってくるんだな、というのをここ最近すごく感じています。

とても尊敬していた方の卒業が公開発表。個別には聞いていたけどやっぱり寂しい。

その発表を聞いて、これまでよく関わっていた人はもちろん、
そこまで関わりの無い(私が知らないだけかも)人も、たくさんの言葉を寄せた。

「今までありがとう」
「辞めないで」
「あなたのおかげで新しく縁が繋がりました」。

今まで見たこと無い勢いで、温かい言葉がたくさん集まってきたとのことで、本人が一番驚いてた。


これと同じような景色を他でも見たことがある。
それは、数年前に祖母の妹が他界した時だ。

彼女は、スナックのママを他界する直前まで一人で経営していた。
子どもながらにスナックの雰囲気に憧れ、あの店で歌うカラオケは特別なものに感じていた。

なにより彼女はとにかく明るく、いつも笑顔。
「儲かってないねん〜笑」と言いながらも、遊びに行くと美味しいお菓子を食べさせてくれた。

そんな彼女が急に亡くなった。

その葬儀に参列した際、
焼香の列が途絶えないこと・来る人来る人がみんな彼女を偲んで涙していたことが
とにかく頭に残っている。

お店に通ってたであろうお客さんや、近所の方。いろんな方が声をかけて涙していた。
葬儀予定時刻を過ぎても、列が途絶えることはなかった。

葬儀を担当してくださった住職さんから
「ここまでいろんな方に愛されている方も珍しいです。きっと素敵な方だったんでしょう」と
終わってからお言葉を頂いた。
(みんなに言ってるのかもしれないけど、本当に愛されてたんだな。と感じた)

どちらにも言えるのは

最後、いろんな方が言葉をかけてくれたこと。

きっとどちらも常に人に愛され、与え続けてたんだろーなぁ。と言うのをこういう所で感じました。

やってる最中はもちろんですが、
いなくなる直前や、いなくなってからもこうやって惜しまれたりするのって、
恩を送ったり、愛されていなかったらそうならないと思うのね。

いなくなってから。は、ぶっちゃけ当人いないじゃないですか。
その中で何言おうが。。。って言うのがあるから(黒い)。
辞めた職場とかでなんて言われてたんだろ。急に気になってきた。笑

最高の終わりを迎えるために、って言うとなんか変だけど
毎日大切に過ごしていこうと改めて思いました。

#思うこと #めも #卒業 #恩送り

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

まほまほ

おもうこと。

こう見えていろいろ考えてます。たぶん。 私の脳内をここにおいていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。