『みんなの食卓』は、「家族」の枠から食卓を解放する。

はじめまして。今日からnoteをはじめた川上真生子(かわかみまきこ)です。キッチハイクという会社で、『みんなの食卓』というサービスを作っています。

▽こんな者です▽

『みんなの食卓』は、それはもう楽しくて、美味しくて、新たな人と繋がれて、一石二鳥も三鳥もある素晴らしいサービスなのです!、、が。

初めて聞く人にとっては、何それ?怖くない?意味わかんない、と頭がクエスチョンだらけになるようで。

この楽しさを、もっと世の中のいろんな人に知ってほしくて、noteで発信していくことにしました。よろしくお付き合いください。

『みんなの食卓』って、なに?

月曜から日曜まで、まいにち各所で開かれている、ふだん使いのごはん会です。2017年夏にサービスローンチして、2018年10月現在、東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県で、月に100回ほど開催されています。

一度に食卓を囲むのは、少ない時で3人、多い時だと10人。この1年間で、なんと3,000人以上が『みんなの食卓』でごはんを食べています。週に2,3回利用する常連さんも多いんですよ。
くわしくは、↓のページを見てみてください。

誰かと食事をともにする豊かさ。

日本、とくに東京を中心とする都市部の食シーンは、外食市場やテクノロジーの発展によって、これ以上ないほどに成熟しています。

まずい食べ物を見つけるほうがかえって難しいくらい、何を食べてもそれなりに美味しいし、食べログやRettyなどを見れば、かつては一部の食通しか知りえなかった美味しいお店の情報が簡単に手に入ります。

お金や時間をかけなくても美味しい食事にありつける世の中で、果たして私たちの食事は本当に「豊か」でしょうか?

私の答えはノーです。美味しいものを食べているはずなのに、何だか満たされない。それはきっと、多かれ少なかれ現代人にはピンとくる感情なのではないかと思います。

私は、豊かさには「何を食べるか」だけでなく「どう食べるか」という側面が切り離せないと考えています。
その「どう食べるか」を豊かにすることにフォーカスしたのが、この『みんなの食卓』というサービスなんです。

「一人だと、食事がおろそかになりがち」というのはよく聞く話ですよね。
作るのは面倒くさいから、コンビニやスーパーのお惣菜で適当に済ませばいいや。お皿は洗いたくないから、袋のまま割り箸で。スマホ見ながら無意識にお箸を口に運んで、気づいたら食べ終わってる。極端に言うと、こんな感じ。

反対に、人との食事となると、作る方も気持ちが乗るし、食べる方も食べることに意識がちゃんと向く。
「こんなの作ってみたんだけど、どう?」「美味しいね、どうやって作ったの?」そんな会話をしながら食卓を囲むと、自然と「ごちそうさま」の気持ちがわいてきます。

「家族」じゃなくても、食卓はつくれる。

こうした食卓の風景は、家族において良く見られるものかもしれません。
けれど、「家族みんなで食卓を囲む」なんていう機会は、それぞれ別のスケジュールで生活していたり、一人暮らしをしていたりというのが当たり前の世の中にあっては、もはや非・日常的なもの。そもそも「あたたかな家族」という存在自体が縁遠い人も、少なくないと思います。

『みんなの食卓』は、その場にたまたま集った人たちによって、即興的に作られる、一度かぎりの食卓です。時間をともにするのは、1時間半からせいぜい2時間。「また会いましたね」はあるにせよ、全員同じ顔ぶれで2度目の食卓を囲むことは、ありません。

他人だからこそ、あたたかくなれる。

人は、はじめましての人と過ごすとき、程よい緊張感と適度な距離感をもって振舞います。その数時間が良いものになるよう、愚痴や悪口よりは、ポジティブで楽しい話をします。要するに、よい人であろうとします。だからなのか、『みんなの食卓』には、今日会ったばかりとは思えないほどアットホームな空気感が流れています。

「スナック的」と例えられることもありますが、『みんなの食卓』は、会社や家など、ふだん所属しているコミュニティと切り離された「サードプレイス」なのだと思います。だからこそ、利害関係のない人間関係のなかで、一時の癒しを得ることができる。適度に距離がある「他人」だからこそあたたかな気持ちで接することができるという、ある意味での真実なのかもしれません。

『みんなの食卓』に参加してみませんか?

最後に宣伝です。
『みんなの食卓』は、平日夜・土日昼夜にあちこちで開催されています。参加費は1回1,575円、事前予約・決済制。
「え、こんな近所で開催されてたの?」という発見もあるかもです。

↓の開催一覧から、行きたいものを探してみてくださいね!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでもらえて嬉しいです。 サポートいただけたら、チームのみんなでパンを買います🍞(オフィスのお向かいに、それは素敵なパン屋があるのです!)

クーポン「KHmakiko」でキッチハイク使ってね(ちゃっかり宣伝😎
44

#フード 記事まとめ

レシピやグルメ情報、料理や食文化に関する考察など、食にまつわる記事をまとめていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。