フレスコボール2周年。

これまで継続してきたことで、はじめてやった日をはっきり覚えているものって、いくつあるだろう。

考えてみたら、そんなに意識してないなーと。

フレスコボールもいつはじめたかなんて、覚えてなかった。

それが大会とかイベントの日だったらわかりやすいけど、私の場合、なんでもない平日だった。

2人で新横浜公園に集合して、ほぼ誰もいない広場で、ぽつんとラケットを握っていた。

軽い気持ちでやってたし、記念日にしようなんて思ってもないから、記憶はほとんどない。


最近改めて、いつだったんだろうと、2016年の6月という記憶を頼りに手帳やらLINEやらを探して、見つけた。

それが、2016年6月17日金曜日。

それから2年。

大会では今のところ、女子部門では7大会負けなし。

フレスコボールクイーンと言われるようになって(クイーンという言葉の似合わなさやばい)、女子を引っ張る立場になって。フレスコボーラーインタビューをして、普及のためにも動いて。信頼できる仲間も増えて。

2年前とは全然違うところに今立っている。

2周年を迎えて、何か感慨深くなるかなぁと思っていたけど……

うーん、ならない。

見える景色はだいぶ変わった。でもそれに関して今振り返って、あーだこーだと語る気持ちにはなってない。

「まだ2年か」も、「もう2年経ったのか」も、正直言って、ない。

今は、今目の前にある目標に向けてひたすら走っているところで、感慨にふけっている時間もないからかもしれない。

フレスコボーラーにインタビューする中でときどき、「まあやさんのインタビューはないの?」と聞かれるけど、仮に誰かが今インタビューしてくれても、たぶん何も出てこない。笑

それくらい、何もないのが今で。

年始に、一つの目標を立てて、それに向けて走っている。

感慨にふける余裕がないのは、仕事の方の充実も理由のひとつ。

2年前はまだライターにもなっていなくて、今後の人生をじっくり考えている時期だった。

今は、それなりに仕事をもらえて、だんだんと実績も信頼も積めてきてるかなと。ステップアップ感を少しずつでも感じられているから、忙しくても楽しい。

私にとっては、フレスコボールも仕事も、生活の一側面であり、
両方がライフにも、ワークにもなっている。

両方に、わくわくするような目標があって、それを達成するために日々過ごしてる。

フレスコボールに関しては、順調に行けば今年、日本代表になれるかもしれない。この年になってスポーツの日本代表になるなんてことは、もちろん過去に考えたこともなかったけど、だいぶ現実味を帯びてきた。光栄なこと。

でも、年始に立てた目標は、日本代表になること、それだけではなくて。

それが何なのか、今ここでは語らないけど、それも必ず実現させます。

そして、地味にTwitterはじめました。

このnoteも、もっともっと多くの人に見てもらえるように役立てていきたいと思います。

3周年を迎えるときに、どんな感情になっているのか。

楽しみに、また1年をスタートします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

フレスコボールを見てみたい、体験してみたい方はぜひご連絡下さい!Play frescoball !!

ありがとうございます!今後も読んでいただけたらうれしいです!
6

落合真彩

ライター・フレスコボール日本代表 2017~19年日本女子ランキング年間1位。ブラジル選手権3位入賞。年間最優秀選手(MVP)、最優秀ラリー賞受賞。 フリーランスでビジネス系のライターやってます。将来、人の心に届く本を必ず書きます。筑波大学卒業。

フレスコボールライフ

フレスコボールについて、スポーツについて、日常について、考えたこと。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。