見出し画像

第4回ベンチャーM&Aサミット【6/6】

「第4回ベンチャーM&Aサミット ~投資ファンド、大解剖~」
当日の様子の一部をテキストにてお届けします。登壇者プロフィールはこちら

4.「バイアウトファンドへの売却」が叶う条件
 3.こんな選択肢も
  1.事業会社への売却

冨岡
売る会社さんの立場から考えて、どういう会社なら事業会社とM&Aが成立しうる、どういう会社ならファンドの方がありえる、といった傾向はありますか?

宮崎
ケースバイケースですね。
一般論として、ファンドさんが買収するとなった時に(買収額の)EBITDA倍率が20倍を超えるというのはおそらくそんなにないと思うんです。
ただ事業会社であれば、一般的には平均3~7倍なんですけど、正規分布みたいなものがあるとして、すごく高いディールでは、EBITDA倍率だけで見ると本当に何十倍、何百倍で売却が成立しているケースもあれば、赤字企業でも何百億という額で売却できているケースもあるわけです。
ですから、そういうことを狙える可能性がある会社であれば、事業会社に売る方針もありだと思います。

この続きをみるには

この続き:2,936文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
ベンチャー経営者のためのM&A情報メディア「M&A BANK」( https://ma-bank.jp/ )がお届けする有料マガジンです。/具体的な情報が知りたいM&A関係者向けに、社名、金額、戦略も含めたリアルな情報を配信します。/購読特典あり

M&Aの「一番知りたいところ」につっこむマガジン/失敗談やノウハウなど、公に発信しにくい、でもM&A担当者・検討中の方に一番届けたい情...

2

M&A BANK ベンチャー経営者のためのM&A情報メ...

https://ma-bank.jp/  ◆Facebookページ、YouTubeチャンネルでも更新中

M&A経験者のノウハウと反省点を限定公開※月額5000円

M&Aの「一番知りたいところ」につっこむマガジン/失敗談やノウハウなど、公に発信しにくい、でもM&A担当者・検討中の方に一番届けたい情報をまとめた限定マガジンです。/優良案件情報の限定公開のほか、インタビュー動画の一般公開NG部分やイベントレポート全文、つっこんだニュース解...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。