見出し画像

【1時間足チャネルブレイクアウト】   bitFlyerリアルタイム自動売買bot公開

1時間足を使用して、期間内の高値・安値を更新したタイミングでトレンドに沿ってエントリーするスイングトレード用のbotのソースコード、
AWS cloud9の環境構築方法を公開します。

※ 最終動作確認日 2018.5.27

目次

・システム概要
・チャネルブレイクアウトシステムとは
・購入前の注意
・AWS cloud9での環境構築
・ソースコード
・追記:PubNubをJSON-RPCに差し替え

システム概要

@akagami_v2 さんがTwitterで公開されたドテン君のロジックを参考に
1時間足の期間18でチャネルブレイクアウトシステムが稼働する
スイングトレード向けの自動売買botであり、bitFlyer FXでの自動売買を実現しています。
価格が期間内の高値を更新したら指定枚数分の買いポジションを持ち、安値を更新したら売りポジションに切り替えます。
利確・損切りはポジションの切り替えの時に行われます。

bitFlyer Lightning の Realtime API の一つである PubNub を使用しているため
エントリーを高速に実行することが可能です。
(※ 2018.5月時点、詳細な時期は分かりませんが、PubNubを使用したRealtime API は廃止予定です。ご理解のある方のみnoteを購入下さい。
→ 2018.5.16: 推奨されている別のRealtime API、JSON-RPCの対応コードを追記しました!)
実装言語はpython3で、以下ではcloud9での環境構築方法を合わせて紹介しています。

チャネルブレイクアウトシステムとは

一時マーケットを席巻した伝説のトレーダー集団 ”タートルズ” が使用していたシステムです。
一定の期間内の最高値または最安値が更新されることをブレイクアウトと呼び、ブレイクアウトが起こった後、トレンドに従いエントリーする手法です。
成功したトレーダーの多くが基本と考えるというトレンドフォロー型のシステムですが、高値を更新した後に買い、安値を割ったら売りをかけるため、裁量では心理的に実行しにくい手法です。

購入前の注意

・本noteに記載のプログラムは概要で説明したルールを実行するものであり、プログラム使用時の損益に関しては一切の責任を持ちません。
実際のトレードに使用する場合、自己責任での使用をお願いします。

・本noteに記載の本文・プログラムの転載はやめるようお願いします。

上記注意事項にご理解のある方のみ本noteをご購入下さい。

AWS cloud9での環境構築

この続きをみるには

この続き:23,918文字

【1時間足チャネルブレイクアウト】   bitFlyerリアルタイム自動売買bot公開

mabui

2,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15

mabui

仮想通貨・プログラミングに関するブログを書いています。 https://mabui.org/

a

コメント10件

また、大変初歩的な質問で恐縮なのですが、今回購入させていただいた戦略をcloud9で実行した場合の、cloud9の使用料金は無料枠の範疇を、超えてしまいますか??まだ使い始めでいまいちわかりません。もし、おわかりでしたら教えていただけると嬉しいです(;o;)(;o;)
pandasのバージョンを0.23.0に上げて確認しました。
結論問題なしです。

対象のwarningが発生しているのは157行目の下記コードで、
appendしている所でした。
```
df_all = df_all.append(df_new)
```

現行のpandasバージョンではappendのタイミングで
ソートが発生しているようですが、今後のバージョンアップでは
発生しなくなるようです。

ですが、どちらにしてもその後の処理でインデックスの値を
約定時間の値に差し替えて、期間内の約定時間、最終約定時間の
データのみ使用しており、ソート順に何か処理を行うといった
動作はないため影響はありません。
```
# 取得したメッセージ分含め、全てのインデックス値を約定時間の値に更新
df_all.index = df_all['exec_date']
```

warningのメッセージが気になるようでしたら、
157行目のコードを下記に変更してください。
```
df_all = df_all.append(df_new, sort=True)
```
cloud9の使用料金を確認したい場合は、AWSマネジメントコンソールの請求の画面を確認ください。
https://console.aws.amazon.com/billing/home?region=us-east-2#/
使用状況別の上位無料利用枠サービス
という項目がありますので、そちらで残り無料枠を確認できます。
無料枠の範囲で抑えたい場合はこちらを定期的にご確認ください。

作成途中や他のプログラムを動かしていたりしていたのでおおよそですが
自分の5月実績ベースですと、5/23日現在で
EC2 - Linux の使用率が72.70%、
今月の終わりまでの予想使用状況が97.99%
になっています。
ですがテスト中に環境を2つ用意していたため、
10~20% 程、余分に使用していたと記憶しています。
環境を複数用意すると一気に上がっていました。

無料使用分 超過分の料金はこちらをご確認ください。
https://aws.amazon.com/jp/cloud9/pricing/
pandasの件詳細までありがとうございます。かしこまりました!cloud9の件も購入したものに関係ないにも関わらずご丁寧に返答していただき本当にありがとうございます^_^ぜひ参考にさせていただきます!!購入させていただいてよかったです(;o;)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。