038

海岸を散歩しているとちょうどサーファーが海に入っていくところに遭遇した。珍しいと思って見ていると、彼は海の上に立ってしまった。まるで海が凍ってでもいるかのように海上を平然と歩いている。そしてサーフボードを海の上に置くとそれに乗って滑っていった。沖の方へと向かう彼の姿が見えなくなるまで、わたしは呆然と眺めることしかできなかった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

散花集第1期(001-100)

花は散ります。有機体は解体します。存在は空想です。有機体とはみなさんのことです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。