037

家に帰ると知らない女が眠っていた。起こしてみると「あと五分だけ」と言って起きない。そんなに待ってられるかと思って布団をはがすと女は消えた。代わりに鏡が置いてあった。鏡を覗き込むとさっきまでここで眠っていた女が映っていた。女はこちらをじっと見つめていた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

散花集第1期(001-100)

花は散ります。有機体は解体します。存在は空想です。有機体とはみなさんのことです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。