妊娠6ヶ月目。この時期定番の腰痛!かと思ったら...

こんにちは、マタニティデザイナーのまちえり(@macheri_me)です。デザインテーマではないライトなコラム記事に挑戦してみました。

妊娠中期(妊娠21週)なうです。つわりも落ち着いて安定期という非常に過ごしやすい時期をエンジョイするぜ!と色々計画していたところでした。
安定期に入ってからじわじわと骨盤の歪みでよく発症するといわれているひどい腰痛に悩まされるようになります。しかしその正体は腰痛ではなくある臓器が原因で、腰痛対策によって更に痛みつけていたというオチです…。

今回はそのしくじりを元に体験記を書こうと思います。
妊婦さんに限らずすべての人に伝えたい。【腰痛が長引く&悪化する一方ならば、今すぐ腰痛対策やめて内科/婦人科にいくんだ...】です。

激痛の原因がわかった時、経験者の体験ブログに救われたので私もいつか誰かの参考になればと思ってます。


ひどい腰痛→骨盤ベルト&ヨガで対策→悪化

●症状が深刻になるまでの経緯と対策

今から2週間前、寝る時によく腰痛を発症し、眠れない辛い状態が続いていました。妊娠中期にもなるとホルモンによって骨盤が緩み腰痛が発生するとよく聞くため「これがその症状か」程度にしか思ってませんでした。

そこでちょうど安定期にも入ったし、腰痛に効くと言われるマタニティヨガ教室に通い始めます。先生に腰痛に効果的なポーズを教えてもらったりと健康的に対策をしようと通ってみたのです。一瞬軽減される感じはしました。

ダウンドッグと呼ばれるこのポーズと猫のポーズが腰痛にはいいらしい。

それでもすぐに痛くなる。。というかなんかますます痛くなってくる。しかも右側に集中。ネットで対策を調べてみるとほとんどの人が妊娠中の腰痛には骨盤ベルトで改善できた!という。そこで妊婦専用の骨盤ベルトをいくつか買って仕事中も寝るときもずっと付けてみることにしました。

また、仕事は普通に続けていて痛みが耐えれるレベルの頃はなんとか通勤してました。デスクワークが一番つらい体勢です。なぜか立ってたり歩いたりしてる方が楽でオフィスでも簡単なストレッチなどをしてました。
在宅作業可能日(弊社リモートワーク制度あり)は自宅にある簡易マッサージ機で軽く腰をほぐしながら仕事をするという日々でした。


●突然激痛に襲われた日

発覚当日。朝から腰痛がピークだったがとりあえず大事な会議も多いし出社。ところが5分も同じ体勢ができないレベルに。更に腰痛に加えて骨盤ベルトを巻いてた部分(下腹部)近辺に定期的にやってくる激痛。
早退し自宅で横になって休むも徐々に痛みが激しくなり痛み出す間隔も短くなっていくのです。

今回が初妊娠の私。「え、これって陣痛なのでは。。」とパニックになり夜間緊急外来でようやく通院。
夜間タクシーで飲み会1回分ほどの運賃吹っ飛んだのも財布が痛いけどとにかくお腹の赤ちゃんの命が心配でした。もったいぶらずにもっと早く通院すればよかったです。反省。


診断結果→腰痛ではなく子宮筋腫変性。つまりやってたことは逆効果w

●医師からの診断

エコー結果お腹の赤ちゃんはまったくもって異常なく元気でした(安心してちょっと泣いた)
他も問題ないが腹部エコーで痛むところをよく見ると黒い影が。昔小さい子宮筋腫あるよーと検診で言われたことがありましたが、そいつがなんか以前よりも大きくなってるんです。

子宮筋腫があるといっても驚くことなかれ、女性の4人に1人が持っているとも言われているよくあるもので、良性のこぶなので大きくなければ放置する人がほとんど。(大きすぎるまで放置するとそれはそれで危ない)
子宮筋腫合併妊婦は、その中でも稀に血流や栄養が胎児に集中するため筋腫が壊死(変性)することがありひどい痛みを伴うそうです。腰が痛かったのは子宮筋腫が前方ではなくちょうどお腹と腰の間くらいの触れないところにあったからでした。

そしてこの地獄のような激痛を治すには、妊娠中は摘出もできないから耐えるしかないということ。期間は2週間で治る人もいれば生まれるまで長引く人もいる。
医師曰く私は2つ筋腫を持っていたようなので「次は上の方の筋腫も痛み出しちゃうかもネッ!」と追い打ちのことば(苦笑)

今できる最善の策としては

-妊婦でも服用できる優しい痛み止めと抗生剤で耐えること
-できるだけ安静に横になること
-患部をできるだけ動かさないこと(何か擦れることで痛みに繋がる)
-血行悪くなる締め付けはやめること

ということで妊娠中は根本的な治療法がありません。。生死にかかわらない疾患だが、ひどい人は歩けなくなる陣痛並の痛みによって入院して2週間近く局所麻酔するそうです。

い、、、痛そう。。。

つまり腰痛だとおもって緩和のためにやってた

-マタニティヨガ(動きまくる)
-ストレッチ(動きまくる)
-マッサージ(幹部を動かしまくる)
-骨盤ベルト(患部を締め付ける)

全部やってはいけない逆効果の対策だったのだ。。w
※骨盤ベルトは悪化の原因になっているかどうかは不明。ただ骨盤ベルトしてから腰痛から下腹部痛へと変わっていきました。私の締め方も悪かったのかもしれない(めっちゃ締めた)


●今現在の対策

こんな感じで1日2〜3回うずくまるくらいの激痛がくるので薬飲みながらずっと横になってます。「いや、休めよ!」って怒られそうですが寝ながらスマホでnoteを書く方が気を紛らわせるのでこれがベストな状態なのです...(悲)

休職、有給消化という手段もあるけど、休んだところで結局耐えるしかなく治せるものではないので止めました。むしろ他は異常なくとても健康なので痛みの紛らわしに何か手を動かしておきたいということで自宅で楽な体勢をとらせてもらい普通に仕事してます。会社からの強制ではなく自分の意思でひとまず様子見させてもらうことを相談しました。
たまにくる激痛のビッグウェーブがきたら追加休憩とって休ませてもらってます。

パソコンがあれば普段と変わらずに仕事ができる職種で本当によかったと改めて思う。それから、「休むか」「出社するか」の他にも選択肢がある環境にも感謝である。


まとめ:デスクワークだと尚更気づきにくい。その腰痛、骨と筋肉披露が原因とは限らないぞ

デスクワークで疲労がたまると腰痛になる人もいるが、あまりにも長引くなら別の原因を疑ったほうがいいです。今すぐ腰痛のための対策を止めて内臓系の病気じゃないか、内科や婦人科を受診してみてください。腰痛のための対策は逆効果だったりします。

特に腎臓、胃、子宮、膵臓などの疾患は初期症状に腰痛が出ることもあるそうです。知り合いの中に悪性腫瘍が発覚してその初期症状思い出してみたら腰痛だったという人もいました…。

そういえば数年前にも右腰が痛くてマッサージ、牽引治療、電気色々試したら更に悪化してしまった時期あったな。。その頃から子宮筋腫やられてたのかもしれない。。

いてぇ。。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます!何か気になることあったらお気軽にご連絡くださいませ!

嬉しいですぅ〜(CV:タラちゃん
67

macheri

ライフハック

生活の中で気づいたこと、日常などその他のメモ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。