象徴的日記 2017.07.05

独裁者はミサイルの発射にサインをした。と、すぐさま火花を上げて、この世に不幸をもたらす鋭角状の兵器が空に飛んでいった。

独裁者はこれしか生きていく方法はないと確信していた。その生き方が世界から批判されていることは百も承知だ。

独裁者にはミサイル以外、することがなかった。より大きな存在の怒りを買い、いつか自らの身を滅ぼすにしても。

どうせ人間はいつか死ぬのだ。それならば、いっそのこと、ぶっ放してやれ。と、独裁者はミサイルの発射にサインをした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

komatsum

しばらく好き勝手書きます。更新は年に数回かもしれません。(苦笑)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。