鬱は創造的自己破壊だと思った 〜依存と自立の心の地図〜

11
ノート

【vol.011】 自分が苦しくない領域に逃げてコトが前に進み出した②

地域課題解決型シェアハウスみんなの家の運営と法人化 嵐のような10日間が終わると、いろんな...

【vol.010】 自分が苦しくない領域に逃げてコトが前に進み出した①

木酢液事業から逃げてまちづくりへ 私が鬱になる前から自社にコンサルとして来てもらっていた...

【vol.009】 内観し、取り除きたかった「経済的な不安」と「心身的な不安」

休んで、落ち着いてきて、内観ができるようになってきた 春になり、妻が二人の息子を連れて家...

【vol.008】 鬱から抜ける考え方 水を飲むことの称賛から

「水を飲めたことがそんなにすごいの?」 そんな感情の浮き沈みの激しい日々を過ごしていたの...

【vol.007】 鬱の日々

会社を休んでむせび泣く発症直後 ただでさえ精神的に参っている時だからこそ、最後の最後には...

【vol.006】 鬱になった瞬間

鬱になった瞬間 そんな八方塞がりの時に、東北からある取引先の担当者が訪問してくれました。...

【vol.005】 鬱に追い込まれるまでの状況③

発端は東日本大震災 そんな時に起こったのが東日本大震災。兵庫県に住む私は、テレビでその惨...

【vol.004】 鬱に追い込まれるまでの状況②

薬事法、刺されるまで全力で突っ走る この事業を推進するうえで、私にとって悩ましい障壁があ...

【vol.003】 鬱に追い込まれるまでの状況①

脱サラ、それは依存から自立へ、安心から不安へ 私のサラリーマン時代を過ごしていた株式会社...

【vol.002】 生い立ち

両親の特徴と家庭での様子 1978年、私は前川家の長男として生まれました。 四人兄弟の二番目...