スクリーンショット_2019-05-18_12

【vol.006】 鬱になった瞬間

鬱になった瞬間

そんな八方塞がりの時に、東北からある取引先の担当者が訪問してくれました。せっかく遠路はるばる来てくれたんだし、私もいろいろ話を聞いて欲しかったので、その担当者と二人で飲みに行こうという話をしたところ、両親もそこに連れて行けと言いだしました。

父親の存在が鬱陶しいから同席は嫌だったんですが、父親は一度言い出したらなかなか方針を変えないので、仕方なく、四人で市内の焼き鳥屋に向かいました。



行政処分を受けて営業停止中の会社と、東日本大震災でそれなりの被害を受けた会社のメンバーでの会話は、当然ながらそんなに明るいものではありませんでした。中でも私が一番暗かったかな。

そこで、自らをなんとか奮い立たせ、会社の営業再開にこぎつけたいと考えていた私は、


「東北では俺らよりもたいへんな事態になっている人たちが、俺らよりも頑張ってるんやから、俺らも頑張らんとあかんな。」


と自らに言い聞かせるように話しました。


すると父親が

「いや、我が社は今大変なことになっとるんや!比べてはならぬ!」

と、睨みつけてきました。


そこで

「うちの会社がたいへんなことになってるんはわかってる。ただ、俺も精神的にしんどい状態やから、そうやって比べることでなんとか自分を奮い立たせようとしとるねん。比べることくらい許せよ。」

と伝えたものの、

再び、

「比べてはならぬ!」

と比較することを禁じました。


比べることでなんとか前に進む気持ちを作ろうとしているのに、比べることすら許されないなんてお先真っ暗だと感じた私は、

「じゃぁ、比べることもさせてもらえず、俺の精神がおかしくなって死んでしもてもかまへんのか?」

と問うと、父親はしばらく考え込んだ後で、私の人生を大きく左右する言葉を投げつけました。



「うむ、お前が死んでも、それは仕方ない」



焼き鳥屋の座敷で、父親に真顔でそう言われた瞬間、私の後頭部がバンっと爆発したのを感じました



これが私の鬱のスイッチが入った瞬間でした。



その直後のことはなんとなく覚えています。

後頭部は熱を帯びていて、ただボーっとするしかなく、それ以降の会話は耳に入ってきませんでした。いや、耳には届いているんだろうけど、頭の中まで入らない。聞いていることと、頭で考えていることと、心で感じていることが、まるでうまく繋がらなくなっていた感じでした。



ここから、自分がこの世に存在する価値や生きる意味を見失い、感情と思考のコントロールができず、噎び泣き怒鳴り散らす日々が始まったのです。



===

この記事を書いている前川のツイッターアカウントはコチラ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

あざす!抽象度上げてラクしましょう!
5

まえぴょん@抽象思考オタク

自身が鬱になり、なんとか復活した経験から、自己肯定感と論理的思考力さえ高ければ鬱になりにくく、そして社会でも活躍できる人材になるという仮説を立てました。2018年に設立したNPO法人他力本願研究所では、その仮説をベースに人材育成に取り組んでいます。趣味:テニス、飲酒、考えること。

鬱は創造的自己破壊だと思った 〜依存と自立の心の地図〜

私が鬱になって、そこからどのように復活してきたのを書き留めた記事です。 私は2011年に鬱になり、それなりに復活し、2014年に「鬱になり、もがいて、復活して、いろいろ考えた結果、鬱は創造的自己破壊だと思った」(http://urx.red/UXut)というブログを書きま...

コメント1件

ボクも、鬱ではありませんが、適応障害の経験があります。
トリガーとなった瞬間は、ボクも、覚えています。
同じ事を他の人にしないよう気を付けていますが
できているやら、不安でしょうがないです(って、不安になりすぎですねw)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。